清水玲子先生が好きで作った非公式ブログです。 現在は『秘密-THE TOP SECRET-』を中心に。

# オールバックと泣きむしガンマン

# スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/05/02(水) 04:22:48
  2. #
  3. [ 編集 ]

[title]:鍵コメントくださったHさん Re: こそこそと…

Hさん、コメントありがとうございますv-21私の方は「ほえ~・・・」っとアホみたいに感心しながら読んでいるので、まさか自分のレビューを読んでもらったとは驚きました!が、嬉しいですv-10

> >すれ違ってるようですれ違ってない
> なるほど〜、と思いました。

うおお、しかも「なるほど~」を頂きましたv-402ありがとうございます。こんな私情まんさいの文章に・・・;

> 子供を持つことで変わるって、よく分かります。
> 私なんて子供嫌いだったのに、自分の子は本当に何が何でも守ってあげたいと思いますからね。
> それに近い物があるのかも知れませんね〜。

そうなんですよね~!お分かりいただけて嬉しい(´;ω;`)ブワっ!
私も!私も子ども嫌いでした(^ω^;)ついでに言うと、自分の親ですら嫌いでしたもん・・・
でも、ビックリするくらい変わりますね~・・・(前が酷すぎたのか?v-399

あの、薪さんと青木の、お互いの「必死さ」が、「親→子」のソレっぽいんですよねぇ。
あんだけ命がけで好きあってるのに、でもお互いに独占欲は無いっていう・・・そしてプラトニックな関係。うおお、意味わかんない→つまり「究極の愛!」って感じです。

> 私も今、なかなかコメント出来なくなっていて、読み逃げばかりでスミマセン。
> 頭の中に文章、出来てたりするんですが…。

いえっ!私の方が俄然すみません、です。私の方が変になってるんですよぉ~v-404コメント恐怖・・・

でもトラウマやストレスって、どんな事情であれ、「自分」の問題でもあるんですよね(被害妄想)

だから自分で解消しなくては前に進めないのは分かってるんですが・・・やはり「傷つくのが怖い」って保身に走ってしまう。あんな目にあった、とか、こんな風に解釈されたらどうしよう・・とか、考えてしまいます。

不義理は分かっていて読み逃げ(拍手)のみ・・・

いえ、不義理が申し訳ないという以前に

私は別に「義理」や「お返し」でコメントしてるわけでもなくて。
その記事に感銘を受けたから、コメントしたいからするんで。ほんと、コメントしたいことだらけなんです。秘密ブロガーさんの記事で、コメントしたくならない記事とか、無いです(笑)

> 私の場合は、どうも他の方と感想が違うようなので、ちょっと怖いというか、孤独感を感じてたりとか。
いや、絶賛正論だと思いますっ。目からウロコポーロの記事ばかりです。いつも「頭いいなぁ~(´∀`)」と思っております(私がアホなだけ・・・?)

> でも、今回は本当になるほど〜、と思ったので、こそこそ書いてみました^^;
うわ~ありがとうございます~(つд⊂)
薪さんと青木の関係を「親子の」なんて語って、引かれると思ってました。すごく励みになりました。
今、皆さんが素晴らしいレビューを書かれているんで、自分のを晒してていいんかなって思いますが、「私は私」と割り切って書いていく自信になりました!どうもありがとうv-290
  1. 2012/05/03(木) 01:18:17
  2. URL
  3. ユーカリ #CofySn7Q
  4. [ 編集 ]

[title]:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/05/03(木) 17:49:04
  2. #
  3. [ 編集 ]

[title]:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/05/05(土) 02:18:59
  2. #
  3. [ 編集 ]

[title]:鍵コメントくださったAさん Re: 空極の愛!?

Aさんコメントありがとうございます(^ω^)
> こんにちは☆薪さんと青木のお互いを想う気持ちは恋情を超えているのかもしれませんね。そうですね、親が子を思う気持ちが一番近いのかな。
うーん・・・もぅ、これしか行き着くところがなかったですね。私てきには。

親子の愛情だって、普段はそこまで表ざたにならないと思うんですけど(本当の本当の深い部分は、そうそう表に出さないと思う)ギリギリの場所に立たなければ見えてこないレベルの「愛」ってあると思います。それが青木と薪さんにも見えていた気がします。

> 自分の命を投げ出しても守りたい。幸せになって欲しい。青木が12歳も年上の薪さんを子供のように思うのは不自然かもしれないけど。
> でも、舞ちゃんを抱く姿と薪さんを抱きしめる姿はよく似てますね。同じ愛しさを感じます(^^)だから、青木は薪さんに欲情しないのかな?

「死んでもいい」なんて、そうそう思わないですよね(^ω^;)
そこまで想っていながらも、独占したいとか、抱きたいとは思わないところが・・・残念ですv-406
舞が嫁に行くときだって、きっと笑顔で見送るのだろうけど。

> 薪さんに側にいて欲しい感情は子供に近いけど(笑)この二人の愛情は恋情のように一時的な感情の高まりではない。永遠に続く愛なのでしょう。
そぅ、永遠に続く可能性を感じますよね。ほんともう、それだけが救いですv-408

> でも、私たちも親のように薪さんに幸せになって欲しいと願っているから薪さんが一生、独りなのは切ないんですよね(;;)
ほんとそうですよv-406
薪さん、いっそNYで素敵なボーイフレンドか、いっそメリーベルのような素敵な奥さんが見つかったら・・・それはそれで嫌なんですけどv-393
やっぱり、青木が隣にいてほしいですよね。どうしてもそれは諦めきれません。
 
  1. 2012/05/07(月) 00:34:38
  2. URL
  3. ユーカリ #CofySn7Q
  4. [ 編集 ]

[title]:鍵コメントくださったMさん

Mさんコメントありがとうございますv-290出入り禁止なんてとんでもない!いつもありがたく拝読してますよ~
> で、本当に丁寧にレスを頂いて恐縮です。も~アレのレスはよかったのに…。
> ユーカリさん律儀すぎます。ほんとすみません。

いえいえ、なんだかすみません。律儀すぎるというわけでもないんですが、単にレスしたかったからさせていただきました。

> で、脱線はもはや「恒例」ということで…(笑)
> 脱線ばかりに反応していては秘密ブログにお邪魔した意味が無くなりそうですが。

いえいえ、脱線のほうに感じていただけるのも本線と同じくらい光栄なことですv-411ありがとうございます。Mさんのそういった丁寧な感性が、私を脱線させまくっております~

> 子供ができるとやっぱり母性も生まれてくるし、考え方もスタンスも変わりますよね。 
> 子供ってすごい生き物だと思います。
> お互い、「自分を犠牲にしても」っていう気持ちが生まれるくらいの存在に出会えてよかったですね。 
> そして、青木さんの想いも…確かにそこらへんまでキテますね!!!青木さんもそんな人に出会えてシアワセですよ。

いやほんと、良かったですよね!
この世で自分の存在が一番じゃなくなること、それが苦痛ではなくむしろ喜びであること、そして同時に、一番のものを失う恐怖も生まれること・・・
そういった色々な感情が、普段は表に出さなくても、ギリギリの場面で出てくる究極の愛情が、青木と薪さんの間にもあったような気がします。

> 子供ができても印象変えたくないっていうところ。 凄く共感できます。
ありがとうございますv-352私の場合、ある程度の年齢いっちゃってるからかも知れませんが・・・

清水先生もたぶん、こんな感じだろうと察しております(清水先生もアラフォー出産ですし)
ある程度、自分の社会的ポジションが出来上がってから母親になっても、いまさら自分を変えて周りに迷惑かけられないし。

第一、私は自分の存在意義が「母親」ってこと、「だけ」になるのはまっぴらゴメンです。「●●ちゃんママ」なんて呼ばれたらムシズが走る(>Д<) 私の名前で呼んでくれ~;って思うでしょう。(もちろん、場合によってはホノボノしてていいんですが)

ちゃんと個人として存在してたいし、女性として扱われたいです(浮気したいとかじゃないですよ!?)女性として、いつまでも恋愛対象になるくらいでいたいのです。それが夫や子どものためでもあると思います。

> でもココが田舎なせいもあるんですけど、ママ友の中でそういう発言をするのは
> 若干タブー的なところがあって。
> なので私も「我は我なり」と公言したことはないです。

いや、わかります・・・(^ω^;)私も田舎出身なので・・・
今は東京ですが、それでも結構~古風な考えの人多いですよ。しかもオバサンになると、自分の考えを曲げないから(私もそうなんですが;)人それぞれの価値観を認め合うしかないんですよね。

本当にレスは不要とのことでしたので、部分的にレスさせていただきましたが
私のこーゆー考え、共感いただけたでしょうか。割と自己流の主張ですので、少しでも反応いただけて嬉しかったです(^ω^)

お互い、自分の時間も、自分の人生も、大切にしましょうヽ(´∀`)/
自分が思うに、母親は一家の太陽です。私はよく、女の子は「幸、濃ゆい」感じでいたほうが可愛い!と主張していましたが(前のブログから)

だからハイテンションな女子高生とか好きなんですがv-410

母親が幸こゆい感じでいた方が、絶対いいと思いますもん。
Mさんもどうぞ、幸こゆい感じで~v-290
  1. 2012/05/07(月) 01:09:32
  2. URL
  3. ユーカリ #CofySn7Q
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/tb.php/82-25946478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# メロディ2012年6月号レビュー3

1つ前の記事「妄想マンガ」に拍手たくさんありがとうございます(^ω^)

過去記事や創作に1つ1つ拍手くださる方もありがとうございます。拍手の1つ1つで、このブログの寿命も延びております♪

コメントもありがとうございます(^ω^)

反応が無ければ、ブログの記事などただのヒトリゴトにすぎないのですが(それでもイイと思って書いてますが)
一度でも味わってくださったかたが反応を示す、そのコメントにレスをすることで確実に、私の、お互いの、精神の一部になっていきます。
なので丁寧にレスさせてもらいますね~


※ちなみに私自身は今・・・トラウマで人様の記事にコメント出来なくて・・・申し訳ないです。不義理すぎて。
何度も秘密ブロガーさんのコメント欄に記入し、あとは送信だけ!までは行っても、どうしても躊躇してしまうんです。

昔はコメントいっぱい書いてたんだけどな~;

今ちょっと、コメントとかリンク申請の恐怖症になってます。
子ども産んで、落ち着いたら回復するかなと思ってたんですが。もうちょっとかかりそう。
別にこれは誰のせいとかじゃなくて、私の中での問題です。ごめんなさいメンタル弱くて。



しっかし・・・


改めて見ると、4月30日だけで3つも記事上げてますね(^ω^;)
どんだけ高ぶってんだ私・・・恥ずかしーっ!!(・ω・)→(ω)ヒュンッ

毎年、ゴールデンウィークはどっかしら出かけるんですが
今年は引きこもってるんで・・・(^ω^;)ずっと「秘密」のこと考えちゃってます。
お付き合いくださるとうれしいです♪






さらに恥ずかしい、レビュー3です。

ネタバレを含んでいますのでご注意ください。







レビュー3

  

公園のベンチで、超真剣にすれ違ってる2人について

薪さんは青木に気をつかうこともなく、どんどん先を歩いてベンチまで行きます。
(この、勝手な感じがいいなぁ。いつも思うんだけど)

青木は「一期一会」のときを思い出してて・・・
改めて 『もう 明日から この人はいない』『もう 一緒に仕事することはない』

もう もう ・・・


って一人で感極まってます。

薪さんっ、あのっ・・・

って何か言おうとするけど、薪さんの悩殺☆笑顔(どストライク!)に中断されます。

そのまま「鈴木の脳データを供養した」話。

ああ、雪子と薪さんもこれでなんとなく、決着ついたんだなぁ・・・って感慨深く思いました。
(確かに、脳データだけ残ってるなんて落ち着かないよね;)

そしてそのまま・・・・雪子つながりで・・・・衝撃の発言!

「青木 おまえ 結婚しろ」
家庭、子どもを持て。自分が、青木の(部下たちの)家庭を守れるようにするから


と、説得します。(ああああ・・・言うと思ったよぉ。これだけは辞めて欲しかったよぉ)

この説得に、青木は

薪さんだって 家庭を持ちたいと思ってるのにーっ!幸せになりたいと思ってるのにーっ!
本当は誰よりも自らが望んでいる、欲していることに気がつきもしないで

我慢して、自らを犠牲にして、人に与えようとしているっ
いつも一人で孤独に戦って・・・・!


と、やるせない気持ちになります。


青木くん、それ、違うんじゃなーい?∵ゞ(´ε`●) ブ!

薪さんが「欲している」「望んでいる」のは、あなた、あなたなのよ~!
あなたと一緒に、幸せになりたいんだっつーの!!!!

と、腐女子的には思いますよね。


ああ、青木ったらとことんノーマルだから。
青木にとっての 「望むべき幸せ」 というのが、「女性と結婚して子どもをもつ」 ことなんですね。あくまでも。

薪さんは青木のことが好きで、それでも彼の幸せを願って「女性との結婚」を勧めてるのに・・・
この、武士の妻のような凛とした覚悟も知らないで・・・

青木にしてみれば 「薪さん、本当はあなたも女性と結婚して家庭を持ちたいんですよね!?」「それ、押さえ込んで俺に勧めてるんですよね」
って思ってます。

そして「命令ですか?」(上司としての言葉ですか)って聞いてみます。

そしたら「願いだ」(私情だ)っていわれて・・・

感情が溢れ出ちゃいます・゜・(つД`)・゜・

どこにも行かないでっ
第九にいてっ


って泣いてすがって・・・・すいませんっ・・・って謝ります。

ここで薪さんが、青木の肩を触ろうとして、でもやめるのは

(恋情が)すれ違ってることが解ってるから・・・なのかなぁ。

ただ単に、もうお別れしなきゃいけないんだから(いつまでも)なぁなぁで馴れ合ってちゃいけない、って決意もあるんだろうけど。

  


清水先生は、あえてこの2人(の愛情)をすれ違わせたのか。
(薪さんは「恋情」なのに、青木は「家庭への羨望」を軸に考えてる)


よく考えると、いや、案外・・・同じ感情なのかな。すれ違ってないな、って思います。



なぜなら・・・



恒例の↓
いったん脱線します。
(超、個人的な日記になり恥ずかしいので後で消すかも)

  

私は、子どもを産んだからって何も変わらずにいたいと思ってました。

いや、もちろん良い意味では変わるんだけど
見た目を含めた、対外的な印象を変えたくなかったんです。

仕事仲間も、友達づきあいも、社会への参加も。

なにもかも「子ども中心の生き方」になるのはダサいって思ってました。

なので、今もあまり表現していません。

もちろん、リア友や家族の前では親バカ全開で
フェイスブックの「友達限定公開」では、子どもの写真満載です(^ε^)♪
ツィッターはオープンにしてるから載せてないけど。

でも基本的には「子どもがいるから」って理由で
やりたいことを我慢したり、変えるつもりはありません。
周りからも今まで通り接して欲しいと思っています。



ただ、圧倒的に変わった部分があって
それは内部的なものなんだけど 人間として根本的な部分です。


私、ずっと「死ぬ」のが恐かったんですよ。

いや、もちろん今でも死ぬのは恐いです!
死ぬ気なんてサラサラ無いし、100歳超えるまで生きるつもりですよ(o`∀´o)

ただ、その、優先順位がガラッと変わったっていうか・・・
自分が、じゃないんですよ。
自分が死ぬのは恐いんですけど

息子が死ぬって思ったら、その恐怖に比べたら
自分が死ぬことなんて何でもないっていうか・・・

息子が死ぬくらいなら、私が死にます。いや全く、普通に平気ですね。
なんかもう、愕然と違うんですよ。重要度が。

自分の命が一番大事だったのが、愕然とひっくり返ってる感じ。ベースから、基準から全然違ってる感じ。まさに「次元が変わった」って感じ。

今までこんなこと、思ったことも無いので(こーゆー価値観があるとも思わなかったので)
これは変わったなぁ~と思う部分です。




それで、何をいいたいのかっていうと・・・

薪さんの青木に対する想いって、もしかしてこーゆーやつ?と思ってしまった。

もちろん、青木は薪さんの子どもじゃないんだけど(笑)

薪さんにとって青木は、自分よりも大事で

「青木が幸せになること」が本当に嬉しいんですよね、純粋に。
自分が我慢してるとかじゃなくて。

薪さんの望みは「青木が欲しい」じゃなくて、「青木が幸せになること」なんですよね。
自分の欲求(青木が欲しい)なんて、どーでもイイっていうか・・・執着しない。


『自分が青木とイチャイチャすること』 よりも、『青木が好きな人(雪子)と家庭を築くこと』 の方が、嬉しいんですよね?幸せ感じちゃうんですよね?

それって「恋情」というよりは、「親が子に対して」思うくらいの、本能レベルの、それくらいのレベルじゃないかと。
「赤ちゃん」っていうのはそういう・・例えかどうかは解りませんが(^ω^;)



でもこれってきっと、薪さん→青木 だけじゃなくって
青木も薪さんのこと・・・これくらいのレベルで想ってますよね?

だって、死んでもいいってくらい、舞に会えなくなってもっていいってくらい 想ってるんじゃないかぁっ。



例えば戦争中とか、極限状態にあるときって
「親が子の命を守ろうとする情熱」が、ものすんごい威力を発揮したと思うんですよ。

誰でも思春期に『アンネの日記』とか読んだと思うけど
ああいった状況でも、親の側が「死を恐れない気持ち」を持っていて その情熱が数々の奇跡をおこしてきた。
(それでもアンネは死んじゃったんだけど)


そーゆー感じが、するんです。


だからつまり・・・

この2人は、すれ違ってるようですれ違ってない!
と考えるんですよ。
超~個人的な主観、私情はさみすぎですけど。

BLどころか、恋情を超えちゃってるの。本能の部分から想いあってるの。



清水先生はこういうのがお好きだと思う。
もちろん、読者も。



レビュー4に続きます。
 

コメント

[title]:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/05/02(水) 04:22:48
  2. #
  3. [ 編集 ]

[title]:鍵コメントくださったHさん Re: こそこそと…

Hさん、コメントありがとうございますv-21私の方は「ほえ~・・・」っとアホみたいに感心しながら読んでいるので、まさか自分のレビューを読んでもらったとは驚きました!が、嬉しいですv-10

> >すれ違ってるようですれ違ってない
> なるほど〜、と思いました。

うおお、しかも「なるほど~」を頂きましたv-402ありがとうございます。こんな私情まんさいの文章に・・・;

> 子供を持つことで変わるって、よく分かります。
> 私なんて子供嫌いだったのに、自分の子は本当に何が何でも守ってあげたいと思いますからね。
> それに近い物があるのかも知れませんね〜。

そうなんですよね~!お分かりいただけて嬉しい(´;ω;`)ブワっ!
私も!私も子ども嫌いでした(^ω^;)ついでに言うと、自分の親ですら嫌いでしたもん・・・
でも、ビックリするくらい変わりますね~・・・(前が酷すぎたのか?v-399

あの、薪さんと青木の、お互いの「必死さ」が、「親→子」のソレっぽいんですよねぇ。
あんだけ命がけで好きあってるのに、でもお互いに独占欲は無いっていう・・・そしてプラトニックな関係。うおお、意味わかんない→つまり「究極の愛!」って感じです。

> 私も今、なかなかコメント出来なくなっていて、読み逃げばかりでスミマセン。
> 頭の中に文章、出来てたりするんですが…。

いえっ!私の方が俄然すみません、です。私の方が変になってるんですよぉ~v-404コメント恐怖・・・

でもトラウマやストレスって、どんな事情であれ、「自分」の問題でもあるんですよね(被害妄想)

だから自分で解消しなくては前に進めないのは分かってるんですが・・・やはり「傷つくのが怖い」って保身に走ってしまう。あんな目にあった、とか、こんな風に解釈されたらどうしよう・・とか、考えてしまいます。

不義理は分かっていて読み逃げ(拍手)のみ・・・

いえ、不義理が申し訳ないという以前に

私は別に「義理」や「お返し」でコメントしてるわけでもなくて。
その記事に感銘を受けたから、コメントしたいからするんで。ほんと、コメントしたいことだらけなんです。秘密ブロガーさんの記事で、コメントしたくならない記事とか、無いです(笑)

> 私の場合は、どうも他の方と感想が違うようなので、ちょっと怖いというか、孤独感を感じてたりとか。
いや、絶賛正論だと思いますっ。目からウロコポーロの記事ばかりです。いつも「頭いいなぁ~(´∀`)」と思っております(私がアホなだけ・・・?)

> でも、今回は本当になるほど〜、と思ったので、こそこそ書いてみました^^;
うわ~ありがとうございます~(つд⊂)
薪さんと青木の関係を「親子の」なんて語って、引かれると思ってました。すごく励みになりました。
今、皆さんが素晴らしいレビューを書かれているんで、自分のを晒してていいんかなって思いますが、「私は私」と割り切って書いていく自信になりました!どうもありがとうv-290
  1. 2012/05/03(木) 01:18:17
  2. URL
  3. ユーカリ #CofySn7Q
  4. [ 編集 ]

[title]:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/05/03(木) 17:49:04
  2. #
  3. [ 編集 ]

[title]:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/05/05(土) 02:18:59
  2. #
  3. [ 編集 ]

[title]:鍵コメントくださったAさん Re: 空極の愛!?

Aさんコメントありがとうございます(^ω^)
> こんにちは☆薪さんと青木のお互いを想う気持ちは恋情を超えているのかもしれませんね。そうですね、親が子を思う気持ちが一番近いのかな。
うーん・・・もぅ、これしか行き着くところがなかったですね。私てきには。

親子の愛情だって、普段はそこまで表ざたにならないと思うんですけど(本当の本当の深い部分は、そうそう表に出さないと思う)ギリギリの場所に立たなければ見えてこないレベルの「愛」ってあると思います。それが青木と薪さんにも見えていた気がします。

> 自分の命を投げ出しても守りたい。幸せになって欲しい。青木が12歳も年上の薪さんを子供のように思うのは不自然かもしれないけど。
> でも、舞ちゃんを抱く姿と薪さんを抱きしめる姿はよく似てますね。同じ愛しさを感じます(^^)だから、青木は薪さんに欲情しないのかな?

「死んでもいい」なんて、そうそう思わないですよね(^ω^;)
そこまで想っていながらも、独占したいとか、抱きたいとは思わないところが・・・残念ですv-406
舞が嫁に行くときだって、きっと笑顔で見送るのだろうけど。

> 薪さんに側にいて欲しい感情は子供に近いけど(笑)この二人の愛情は恋情のように一時的な感情の高まりではない。永遠に続く愛なのでしょう。
そぅ、永遠に続く可能性を感じますよね。ほんともう、それだけが救いですv-408

> でも、私たちも親のように薪さんに幸せになって欲しいと願っているから薪さんが一生、独りなのは切ないんですよね(;;)
ほんとそうですよv-406
薪さん、いっそNYで素敵なボーイフレンドか、いっそメリーベルのような素敵な奥さんが見つかったら・・・それはそれで嫌なんですけどv-393
やっぱり、青木が隣にいてほしいですよね。どうしてもそれは諦めきれません。
 
  1. 2012/05/07(月) 00:34:38
  2. URL
  3. ユーカリ #CofySn7Q
  4. [ 編集 ]

[title]:鍵コメントくださったMさん

Mさんコメントありがとうございますv-290出入り禁止なんてとんでもない!いつもありがたく拝読してますよ~
> で、本当に丁寧にレスを頂いて恐縮です。も~アレのレスはよかったのに…。
> ユーカリさん律儀すぎます。ほんとすみません。

いえいえ、なんだかすみません。律儀すぎるというわけでもないんですが、単にレスしたかったからさせていただきました。

> で、脱線はもはや「恒例」ということで…(笑)
> 脱線ばかりに反応していては秘密ブログにお邪魔した意味が無くなりそうですが。

いえいえ、脱線のほうに感じていただけるのも本線と同じくらい光栄なことですv-411ありがとうございます。Mさんのそういった丁寧な感性が、私を脱線させまくっております~

> 子供ができるとやっぱり母性も生まれてくるし、考え方もスタンスも変わりますよね。 
> 子供ってすごい生き物だと思います。
> お互い、「自分を犠牲にしても」っていう気持ちが生まれるくらいの存在に出会えてよかったですね。 
> そして、青木さんの想いも…確かにそこらへんまでキテますね!!!青木さんもそんな人に出会えてシアワセですよ。

いやほんと、良かったですよね!
この世で自分の存在が一番じゃなくなること、それが苦痛ではなくむしろ喜びであること、そして同時に、一番のものを失う恐怖も生まれること・・・
そういった色々な感情が、普段は表に出さなくても、ギリギリの場面で出てくる究極の愛情が、青木と薪さんの間にもあったような気がします。

> 子供ができても印象変えたくないっていうところ。 凄く共感できます。
ありがとうございますv-352私の場合、ある程度の年齢いっちゃってるからかも知れませんが・・・

清水先生もたぶん、こんな感じだろうと察しております(清水先生もアラフォー出産ですし)
ある程度、自分の社会的ポジションが出来上がってから母親になっても、いまさら自分を変えて周りに迷惑かけられないし。

第一、私は自分の存在意義が「母親」ってこと、「だけ」になるのはまっぴらゴメンです。「●●ちゃんママ」なんて呼ばれたらムシズが走る(>Д<) 私の名前で呼んでくれ~;って思うでしょう。(もちろん、場合によってはホノボノしてていいんですが)

ちゃんと個人として存在してたいし、女性として扱われたいです(浮気したいとかじゃないですよ!?)女性として、いつまでも恋愛対象になるくらいでいたいのです。それが夫や子どものためでもあると思います。

> でもココが田舎なせいもあるんですけど、ママ友の中でそういう発言をするのは
> 若干タブー的なところがあって。
> なので私も「我は我なり」と公言したことはないです。

いや、わかります・・・(^ω^;)私も田舎出身なので・・・
今は東京ですが、それでも結構~古風な考えの人多いですよ。しかもオバサンになると、自分の考えを曲げないから(私もそうなんですが;)人それぞれの価値観を認め合うしかないんですよね。

本当にレスは不要とのことでしたので、部分的にレスさせていただきましたが
私のこーゆー考え、共感いただけたでしょうか。割と自己流の主張ですので、少しでも反応いただけて嬉しかったです(^ω^)

お互い、自分の時間も、自分の人生も、大切にしましょうヽ(´∀`)/
自分が思うに、母親は一家の太陽です。私はよく、女の子は「幸、濃ゆい」感じでいたほうが可愛い!と主張していましたが(前のブログから)

だからハイテンションな女子高生とか好きなんですがv-410

母親が幸こゆい感じでいた方が、絶対いいと思いますもん。
Mさんもどうぞ、幸こゆい感じで~v-290
  1. 2012/05/07(月) 01:09:32
  2. URL
  3. ユーカリ #CofySn7Q
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/tb.php/82-25946478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# プロフィール

ちえまる

Author:ちえまる
(前はユーカリというHNでした。今はtwitter名に合わせてちえまるとしてますが、どちらで呼んでいただいても構いません)

●『秘密』の薪さんが好きで作ったブログです。非公式に個人で運営中。

●二次創作、イラスト、感想、レポート、雑記…等々。

リンクフリーです。
リンクは 
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/
にお願いします。

拍手コメントのお返事はコチラ 鍵拍手コメントのお返事は記事のコメント欄に。

●コメント欄は、非公開コメントを受け付けてません。公開コメントのみ。非公開の方は拍手鍵コメにてお願いいたします。

●こんな運営ですが、拍手やコメントありがとうございます!

●清水作品は『ミルキーウェイ』から。ジャック&エレナシリーズも好き♪
 

# 最新記事

# 月別アーカイブ

    MONTHLY

# 主張


# カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。