清水玲子先生が好きで作った非公式ブログです。 現在は『秘密-THE TOP SECRET-』を中心に。

# オールバックと泣きむしガンマン

# スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/tb.php/59-51d6b79b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# 希望のあることも考えてみる

4月号のネタばれ含みます。
 
思いつくままダラダラと書いちゃってます。
 

次回「第九編」の最終回なんですが、私の前記事までの考察が・・・(青雪で終わるんじゃないかとか)
我ながら悲しすぎるので
やっぱりどーしても、青木と薪さんが一緒の状態で終わるのを諦めきれない。

清水先生が描きそうなエンディングで、かつ、青木と薪さんが一緒って有り得ないだろうか・・・

こんな形だったらありえるかな~・・・とか、これくらい妥協すれば、つか、青薪成就じゃなくてもいいから、可能性は残してくれないかな~(後は脳内で補完するから)とか。いろいろいろいろ考えてみる。

私が考えてもしょーがないんだけど(^ω^;)考えずにはいられない。
素敵な妄想が生まれたら・・・二次創作しようそうしよう、うん(`・ω・´)ノ
絵も描こう。それくらいしか・・・祈ることが出来ないのですよね。




そもそも私のイメージで「青木が雪子と復縁」ばっか考えてるから辛いんですよね(^ω^;)

「青木の幸せ」イコール「雪子と結婚」って決まってるわけじゃないですもん。
清水先生が、青木の幸せを・・・雪子と結婚して、子どもをなして、家庭を築くこと。って決定づけてるとは限りません。
いや、普通に考えたらそれが「一般的な幸せ」だと思うけど・・・人として自然なことだし・・・

でも・・・・

清水先生は「自然なこと」をモチーフに描かれますが(自然、命、家族愛、など・・・)
それに猛烈に憧れを抱く「超~不自然な存在」(ロボットとか)がメインになってると思うんですよね。

不自然なもの=「異端」がメインになってると。

その「異端」に対する、愛情というか・・・思いやりみたいなものはチョイチョイ感じるんですよねー・・・

薪さんを「異端」とするのも乱暴だけど、例えば・・・犯罪者とか。そーいう、「自然じゃないから」って迫害されてるような存在に対して、どっかしら、なんかしら、優しい目で見てるところってありません?
滝沢の死の間際があんなに美しく描かれてたのもそうですよ。(滝沢は「異端」決定(^ω^;))

「異端」なものは、自然になれないですよ。薪さんは幸せな家庭を築くってイメージじゃありません。だからこそ青木が・・・ってなるんでしょうが、でも青木はかなり薪さんに寄って来たのでやっぱ異端の側に来たんじゃないでしょうか。

そもそも「子どもを持ちたい」と思わなくなってました。(雪子は産む気満々だったのに!)
雪子に対する恋情は持ってたとしても・・・結婚は無いかも、いえ、無い。うん、無いでしょう(`・ω・´)ノ




今の私が言うのもなんですが

清水先生ってもっと・・・「お母さんお母さん」してると思ったんですよ(^ω^;)

舞の描き方からして。舞は殺さなかったし。
あと、授賞式でお着物姿だったので・・・「しっかり家庭を守る良妻賢母」なイメージ持っちゃってました。

でも読書会では、あんまり「お母さん」て感じしませんでした。

いや、もちろん!
ご家庭では良き妻、良き母でいらっしゃると思います。お子さんもものすごく愛されてると思います。
案外、プライベートでは親バカを披露されてるかも知れません。

ただ、女性って子ども産むと「お母さん」オーラに満ち溢れる人と、そうでもない人が出てくると思うんですけど・・・

もちろん、誰だって「お母さんオーラ」出すけど、仕事中とか、そんなに出さないじゃないですか。

でも、隠し切れないほど滲み出る母性、みたいなのってあると思うんです。今にも「うちの子はね・・・」って話し出したらとまらなくなりそうな感じ。
人として、以上に「母親として」存在している感じ。
それがイイとか悪いじゃなくって、そういう性質の人もいるんだなーと思います。
男性だってそーいうの、ありますし。

でも、それがあんまり出てない人もいる。上手に隠せてるだけかも、だけど。

清水先生の場合、もちろんああいった会だから当然なんですけど

全くといっていいほど、「お母さん」を感じさせませんでした。
お子さんの話題が出たのは、最後の一瞬、ちょろっと!でした。気分転換に子どもの世話っていう・・・

あれだって、「どうやって気分転換してる?」って話題にならなければ
出てこなかったかも知れません。

いや別に、聞けば話してくれたんだろうけど・・・。

私はもうちょっと出てくると思ったんですよね~
だって連載中に出産されたんだもん・・・何かあったでしょ~?いろいろと・・って思います。

とにかく、「お母さんであること」を感じさせなかったんです。

私、最後の話題で出てくるまで普通に(お子さんの存在を)忘れてました。
たぶん男性のお客さんとか、比較的新しいファンの方だったら知らないで聞いてたと思います。で、最後にお子さんの話題が出て初めて「あ、子どもいるんだ(結婚してたんだ)」と気がついたくらい・・・かも。

めちゃめちゃ極端に言ってしまえば、ですけど・・・

なんなら、恋愛も出来ますけど?

って感じ!
もちろん、浮気されるとかそんなんじゃありません!
その気になりゃあ、恋もしそうって感じです。

「お母さんお母さん」してる人って・・・それが無いじゃないですか(^ω^;)
女としての勝負をもう、降りてる感じするじゃないですか。

清水先生は、たぶん・・・その気になりゃ、恋愛出来ると思います(されないと思いますけど;)

清水先生はだから、昔のオバサンみたいに「結婚して子どもをもうけるべきよ!」「それが幸せというものよ!」って固執してない・・・ような気もする。
(あくまでも私が、勝手に抱いたイメージね!?)

じゃあなんであれだけ、青木に「結婚」とか「子ども」をイメージさせたのか・・・
いや、散々イメージさせといてぶっ壊しましたもんね;

そういった作者さまのイメージも含めて、
青木の幸せ=「子どもを作ること」に限らない!と思ったのであります。

ああ、そうだといいな・・・;ていうか本当、今の私が言うことでも無いんですが;;;



全然話が変わります。

創作、なんですけど

このブログには昔書いた二次創作SSを置いています。
いったんブログ閉鎖して、また入れなおしたんで せっかく頂いたコメントや拍手は全部消えました(本当にごめんなさい!)(でも私の中では、ずっと残ってますんで・・)

なので、拍手もまたゼロからなんですが

まぁ、私の倉庫として保管してるだけだからいっか、と思ってます。

が、最近、「リアルラブ」という創作に地味~に拍手を頂いてます。ポツリ、ポツリと。ありがとうございます。
でも、解らないんですよ(^ω^;)

「リアルラブ」は、(青木自身が「青薪」を作りあげるっていう、斬新過ぎるテーマの話;)

書き上げた当時は、それほどまで拍手も多くなかったし、私の創作の中でも下位にあったものです。

それが今・・・いや、嬉しいですけどね!恥ずかしいけど!

解析付けてないから何がどうやってどこから来ていただいてるのか解りませんが、もし、「今井×薪」の検索からいらっしゃってたら申し訳無さ過ぎる~~~;;;;と思って・・・

いや、「今井×薪」で検索するような方って相当面白い人だ(゜∀゜)
ぜひお友達になってください!
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/tb.php/59-51d6b79b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# プロフィール

ちえまる

Author:ちえまる
(前はユーカリというHNでした。今はtwitter名に合わせてちえまるとしてますが、どちらで呼んでいただいても構いません)

●『秘密』の薪さんが好きで作ったブログです。非公式に個人で運営中。

●二次創作、イラスト、感想、レポート、雑記…等々。

リンクフリーです。
リンクは 
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/
にお願いします。

拍手コメントのお返事はコチラ 鍵拍手コメントのお返事は記事のコメント欄に。

●コメント欄は、非公開コメントを受け付けてません。公開コメントのみ。非公開の方は拍手鍵コメにてお願いいたします。

●こんな運営ですが、拍手やコメントありがとうございます!

●清水作品は『ミルキーウェイ』から。ジャック&エレナシリーズも好き♪
 

# 最新記事

# 月別アーカイブ

    MONTHLY

# 主張


# カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。