清水玲子先生が好きで作った非公式ブログです。 現在は『秘密-THE TOP SECRET-』を中心に。

# オールバックと泣きむしガンマン

# スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:新作が!

たきぎさんの薪さんに続き、今度はちえまるさんの青木が「全部」発言ですね(笑)。青木、大きく出ました(^_^;)。でもこれくらいの根拠のない自信、青木らしいしいし、二人の幸せには必要だと思います。

ところで薪にゃんを文章で表現、は実写化くらい難しそうな気がするんですが(-ω-;)。もしかして既に秘策が?委員長がリハビリ終えられて復活されるのをお待ちしてます♪

まったりさせていただきました~(*^^*)/


  1. 2015/06/09(火) 14:13:14
  2. URL
  3. eriemama #-
  4. [ 編集 ]

[title]:委員長!

わ~、久しぶりの新作ですね! また、ちえまるさんの小説が読めて嬉しいです。

「だって俺たち、家族じゃないですか」
「俺が全部、なんとかしますから」
な、なんと! 青木くん、大きくでましたなぁ。ちえまるさんの青木くんは、とてもかっこいい…

リハビリでこのクオリティなら、委員長の薪にゃんが拝める日もそんなに遠くないかも? 


  1. 2015/06/09(火) 18:45:41
  2. URL
  3. たきぎ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:ああ委員長!!

はああああちえまるさんのSSだあ……
こんな日が来るとは。
そして今日はしづさんも新作発表されまして、なんて贅沢な日ですか何なんですか!?

やっぱりちえまるさんらしい、目のつけどころがシャー〇な感じで。
プレゼントが約束だとか自分の欲しいものあげるとか約束が一緒に暮らしましょうとか!!青木らしいわー(°▽°)
でも青木の猪突猛進が唯一、薪さんの鉄壁を突破できる希望だから。
薪さんも、もー、バカには敵わん、てちょっと流されてやろっか的な、やだちょっと萌える!!

ありがとうございました、ほんとに今日はいい日だ!
これから表の方もコメントしに行きます、ね?ね?←ストーカー
  1. 2015/06/09(火) 20:02:44
  2. URL
  3. なみたろう #-
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: 新作が!

eriemamaさんありがとうございますっ( ´ ▽ ` )ノ
そうそう、青木、大きく出ちゃいました☆ 青木、7巻で泣いてる薪さんの手を握って「俺が助けますから」と言ったシーン結構好きなんですよね。あれのイメージが残ってるのかなぁ。こんなん書いてみました!

薪にゃんの秘策!?ないっす(笑)
いや、青木×薪にゃんだったら「やってるだけ」でいいかなと(←問題発言)…いや、その「やってるだけ」が結構難しいんですけどね;ん~私のイメージだと「おいしい生活」って話を前に書いたことがあるんですけどあんな感じかな~

薪にゃん誘い受け同盟、結局活動してるじゃん!って突っ込みは無しで~w
  1. 2015/06/09(火) 21:12:01
  2. URL
  3. ちえまる #1.EbxbXM
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: 委員長!

たきぎさんに触発されて新作です~~~~^^ありがとうございます!

いやホント、リハビリって感じでしょ…まったり~と~(*´∀`*)まず、新作を「書き出した」ってコトに意義があるよね(←自分で言う)誰かが書き出すとみんな書き出すって流れ、あると思うんですよ!たきぎさんのおかげで、また再始動しました。

しかし夜中に書いて上げたから、朝読んだら恥ずかしいだろうな~と思ってたけどやっぱちょっと恥ずかしいですな!でもこの青木の「お前が言うな」感って結構好きなんですよね。メッチャ頼りないBOYが言う「俺に任せろ」感って萌えます(マニアック!)

そして、やっぱ舞が出てくるとホノボノしちゃいますね。どーしても激しいエロなど取り入れられないとゆーか…w
薪にゃんのはパラレルワールドで、舞とか青木母は存在しない設定だから(勝手に)やりたい放題っすよ!
  1. 2015/06/09(火) 21:30:45
  2. URL
  3. ちえまる #1.EbxbXM
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: ああ委員長!!

ああああああああああああ副委員長!おかげさまでちょっと再始動してみましたよ!忙しいのにコメント感謝!

うおお、確かに、しづさんも同時期に新作をアップされてる!(きゃー比べないで(/ω\)ハズカシーィ)私ももれなく萌えて来ました!桜に抱かれる薪さんってもう、それだけでイメージがキラッキラ☆しててイイなぁ!

いや~もう大人になったら「プレゼント」とか困るじゃん!?(私だけ?)だいたい大人って、欲しいものあったら自分で買えるし。趣味嗜好も割と固まってるから、好みじゃないもんあげてしまっても困るだろーし…

で、私がいつもなみたろうさんに頂いてる「今度○○を描きますね」ってゆー「約束」が結構嬉しかったんですよね~。

「○○に行こう」とか「絵を描いてあげる」みたいな、約束ってイイですね。「予定」のプレゼント、とゆーか「約束」って言った方がザ・ロマンチスト☆青木って感じで合うかな~と。

そしてそう!青木の猪突猛進かつ根拠のない自信がツンの薪さんを突き破るカギとなっております。薪さんの「ちょっと流されてる」感、解ってくださってありがとう嬉しいわ!!!!

うおおお、もっと恥ずかしい「表」の方まできてくださる!?昨晩はなんか、いろいろアウトプットしたい日だったんだよね~表も裏も書いちゃった大量にw
ありがとうありがとう!私のほうこそ、今日はいい日だ~♪
  1. 2015/06/09(火) 21:43:28
  2. URL
  3. ちえまる #1.EbxbXM
  4. [ 編集 ]

[title]:また書いてください

新作発表、おめでとうございます、委員長!

(o´Д⊂)
また泣いちゃっいました。よかったです。
すぐにコメントできなくて、結局3回目読んでやっとコメント書けました。
委員長の文、好きです。結構、今回の青木くん、いったねって感じなんですけど、文が柔らかいんですよね。だから優しい気持ちになれます。

今回も舞ちゃんが出てきて、ほろりとしました。そうだよね、子供ってそうかもしれない、意外と欲しいものとか、やりたいこととか聞いていくと、実は誰かとが大事だったりする。そこに気が付くとね。まあだんだん、親じゃなくて友達とか恋人になるんだけど(*´σv`)

青木くんが舞ちゃんを大事にしているの、いいですよ。自分が守るって決めた人をちゃんと守っていくことができなければ、薪さんと一緒になんて薪さんが許さないと思うから。

きっと、この薪さん、嬉しかったんですよね。不確かでも、プライベートで楽しみの約束するなんてことずっとなかっただろうから。色々な形で色々な約束が二人に積み重なっていったらいいなって幸せな気分になりました。
ありがとうございました。

またSS書いてください。待ってます(^o^)丿
  1. 2015/06/10(水) 12:56:32
  2. URL
  3. ヤマネ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:青木くん!

青木くんがかなり大きく踏み込みましたね!

えっ、でも辞めちゃうのお〜〜!??
青木くんは有言実行だから、本当にやっちゃうかもしれませんね。

「むしろ流されたい」感じの薪さんがかわいいです(^^)
  1. 2015/06/10(水) 13:38:59
  2. URL
  3. ねこじゃらしにゃんたろー #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: また書いてください

うっ…泣かせるじゃねぇか…ヤマネさんっ!!!!ありがとうございます。°(°`ω´ °)°。
3回も読んで頂いてむしろこっちが泣いてますっ!私の文…きゃー!好きとかキャー!二次創作ブロガー冥利に尽きます。°(°`ω´ °)°。本当にありがとうございます。°(°`ω´ °)°。

文が柔らかい…ですかっ!始めて言われましたが嬉しいです(性格がとんがってるので!)

子どもって、大事なコトを気づかせてくれる存在ですよね~ 時々ハッとさせられる。そんで、たぶんだけど…夢と現実の区別がまだついてない感じだから、夢の中みたいに正直なんですよね。

とか言いながらも、すぐに友達やら異性に夢中になっちゃうんでしょうね、ホントに。

ううううう…うちの王子だって今は超可愛いけど(親バカ…;)すぐに「ババァ!ノックしろよ!」とか言ってナニー!って戦って学校行かせてもすぐ学校から電話あって「お母さーん、ユウトくんがタバコ吸ってたんで学校まで出てきてくれますか」とか言われて…って思うと想像だけで泣けてきます。°(°`ω´ °)°。←悲観的すぎw
でもそーゆーの、ひっくるめて一緒に生きていく覚悟あるじゃないですか。親って。だから青木だって…その覚悟で面倒見てると思うんですよね(まぁ、舞ちゃんはババァとか言わないだろうしタバコも吸わないと思うけど)(^ω^;)

青木って、雪子にも「母と舞は俺が守ります」って宣言して別れてますからね~ 一時は舞よりも薪さんを選ぶような発言もあったけど(あれはあれで激・萌えましたけど;)それって、薪さんが許さないですね。死んだ姉夫婦じゃなくて、薪さんが許さないって感じします。

で、それとは違った意味で、薪さんへの覚悟とゆーか…彼に出来る精一杯の愛情を見せて欲しかったんですね~薪さんに対しても。

薪さん、嬉しかったはずです!そこにも気づいてくださってありがとう!!(°▽°)!!
プライベートの約束、仕事上の契約関係じゃなくて「ただ好きだから」一緒に住もうという約束、そんなこと、家族以外でできませんて。これからも「○○に行きましょう」「○○を食べに行きましょう」「お正月はハワイに行きましょう」「指輪を買いましょう」(←急に飛躍w)
楽しい約束がい~っぱい、目白押しの2人だと思います!

はい、また書きます!ありがとうございました(゜∀゜)
  1. 2015/06/10(水) 16:23:20
  2. URL
  3. ちえまる #1.EbxbXM
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: 青木くん!

もう1人のNたろうさんこと、ねこじゃらしにゃんたろーさん!ごめんなさいフルネームで書かせてしまうような感じにさせてしまって…(^ω^;)コメントありがとうございますっ!

青木くん、そうです、室長を辞めちゃうのは…ちょっと私もどうかな~とは思ったんですが

青木くんって22歳の時からずっと第九の仕事してるんですよね。薪さんはある程度、社会経験積んでから、第九を立ち上げてるけど。
22歳からずっとこの仕事してて、30前後でまた、こーゆー選択があってもイイんじゃないかって個人的には思います。警察官は辞めなくても、違う業務もあると思うし…せっかく大きい組織にいるんだったら、いろんな部署を経験してもイイと思うんですよね~ まぁ、青木くんが事務とかやってる感じはイメージしずらいけど(^ω^;)薪さんの秘書的な仕事とかしてくんないかな~~~~!!!!(それはそれで忙しくて、舞との時間なんてとれないか;)

私も、企画とかデザインをやりたくて会社に入ったけど、最初は秘書室に回されたんですよね。やりたいことができなくてグレたけど、秘書室での2年間の経験が、後々結構~役にたってるし、誰でもそういうのってあると思うんですが。

ましてや50年後なんて、もっと移動や希望を出しやすい世の中になってると思うんですよね~特に国家公務員なんて、「子どもがいる」とかちゃんと理解してくれそうじゃないですか。青木なんて特に…片親ってことなんだし。

ちゃんと後進を育てているのなら、ですけどね。育てられたのなら、薪さんが注いで育てた恩は継承していると思うので…「辞める」という選択もアリかと思ったわけです。

「むしろ流されたい」感じの薪さん!あざっす!そこ、ポイントっす!
流されて、2人で、仕事だけじゃない新しい生き方を模索して欲しいものです♪
  1. 2015/06/10(水) 16:39:17
  2. URL
  3. ちえまる #1.EbxbXM
  4. [ 編集 ]

[title]:青木さん、すてき♪

ちえまるさん、同じ日にアップしてたんですね。わー、偶然w 
ちえまるさんの新作SS、うれしい~(^^) 

やっぱりちえまるさんの話は青木さんがイイ! 
諸々の障害を「なんとかします」で押し切っちゃう、そのラッセル車のような走りっぷりがお見事! そうだよ、青木さんてこういう人だったよ~。
室長辞めるって言い出した時には薪さんと同じくらいびっくりしましたけど。青木さんならやりかねないとも思いましたよ、わたしゃ。


次のSSは薪にゃんなんですか?
わー、楽しみ♪
委員長さん、がんばって(^^
  1. 2015/06/10(水) 17:33:28
  2. URL
  3. しづ #H6hNXAII
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: 青木さん、すてき♪

キャー(*ノェノ)キャーしづさん!ありがとうございますっ!よりによって、しづさんと同じ日にアップしてしまった~(//∇//)恐縮しちゃうけど嬉しいですシンクロ感~♪
私が!ですよ!!私こそ、しづさんの新作嬉しい~♪(´ε` )続きが楽しみで死んじゃうでも生きちゃう!コートにすっぽり包まれた薪さんに1万点!

こちらの青木さん、褒めて頂いてありがとうございます~作者として嬉しい^^良かったね~ちえ青木さんっ♪

「室長辞める」もねぇ…正直、自分で書いててもこの「辞める」って展開は抵抗あったんです(;・∀・)にゃんたろーさんへのレスにも書きましたが。

でも私の周り…だけかもですが、特に女性って、子育てとかしていく中で、仕事に関する考え方とか価値観がガラッと180度変わる人も多くて(私はそれほどでも無かったけど)
もう、バリバリのキャリアウーマンだった女性が、子ども産んであっさり仕事辞めたりとか…私が「え~っ!?」って驚いたくらいで。産休じゃなくて、辞めちゃうのかよ!?って。

青木さんは女性じゃないけど、舞にとっては母親も兼ねる存在なので、そういう心境の変化があってもおかしくはないかなぁ~…と思いまして。

でもそれって、決して「芯がない」とか「裏切り」では無くってですね…私も今だから解るんですが、バリバリのキャリアウーマンだからこそ、中途半端な集中力でやりたくないんだな、とか。
または、「定年まで勤め上げること」を目的としていない、つまり、いる間、それが数年でも、いる間にどれだけベストを尽くせるか、いる間にどれほどのモノを残せるか、に、重きを置いてるとゆーか…です。ダラダラ30年以上いて、何も残せない人だっているし、逆に数年でやりきって辞める人もいるから…

もちろん、仕事に対する向き合い方って十人十色だから、誰だって全く違うし…正解はないし。この話にそこまでの意味や背景を込めてないですが、私がこういう展開をさせた土台には、こんな考え方があるっぽいです~

私、薪さんですら、第九の仕事やりきって辞めて!青木と一緒に海外リゾート地に移住して結婚して余生を穏やかに過ごして欲しい…って思うことありますもん(^ω^;)

で、そんな仕事とか諸々の問題をすべて「ラッセル車」のようにかき分けて突き進む青木さん!!!「ラッセル車」頂きました!┏○)) アザ━━━━━━━━ス!雪、かき分けてゴリゴリ進むアレですよね!?超~ウケました(。 ノ∀<)σ
そうです、青木さんは落ち着いて見えてもイクメンしてても、まだギラギラしてる20代ですから!

わ!わ!薪にゃん誘い受け同盟を見守っててくださるんですか!?||ョ゚Д゚;))))ドキドキ ありがとうございます総監督!
委員長、頑張ります!(まだノープラン!)
  1. 2015/06/10(水) 22:08:02
  2. URL
  3. ちえまる #1.EbxbXM
  4. [ 編集 ]

[title]:

青木が仕事を辞める・・・
えっ!って思いましたが、コメントでちえまるさんの考えを読んでなるほどなぁと思いました

私的には薪さんは自分から第九を離れる気はないと思っていて
それは鈴木さんの想いを受け継ぐみたいな気持ちがあるからだと思っていて
そんな薪さんをひっくるめて一緒に戦いたいと思っている青木がいて・・・
でも戦い方は人それぞれ
要はちゃんと向き合って生きていけるかなんでしょうね
自分にも、大切な人にも
どんな選択をしても一生懸命に生きている人は輝いているんだと思います
ちえまるさんも
ちえまるさんの周りの人達も

今の私は自分の能力の無さに凹んでて・・・
仕事の出来なさに達成感が得られなくてどよーんなんですが
どよーんとしてるヒマがあったら仕事覚えろ!ですね


約束大事です
例え現実不可能だとしてもそれに向かって努力しようとする想いが大事ですよね?
そしてその想いを口に出す
コレも大事
声に出す事でより気持ちが強くなります
不可能だったら、前例が無ければ自分たちでつくっちゃえば良いんですよ~
日本警察庁内初の同性婚♪

仕事一つでぼやいている私が言っても説得ありませんが・・・(^^ゞ
(途中グチってすみません☆)
でもちえまるさんのお話とコメントで元気出ました!
明日から前向きに頑張りますっ!\(^^)/

  1. 2015/06/14(日) 23:33:17
  2. URL
  3. Misa #-
  4. [ 編集 ]

[title]:Re:

Misaさぁ~ん(*´ω`*)コメントありがとうございます♪青木が室長辞めちゃうって選択、びっくりですよねぇ(自分で書いといてw)確かに薪さんは辞めないと思いますが(鈴木の遺志を継いでるというスタンスがあるから)

青木は…自分をもっと良いものにしようという、「自分を追い込む自分」を、持ってそうじゃないですか。強いから。自分を追い込まなければ、道は開けないって時期もあるんで…「自分を追い込む」ってつまり、今まで築き上げてきたものを一回ガラッと壊すことだったりするんで…それって結構な勇気いるけど、人生に何度かそーゆー時期ってありませんか。蛇の脱皮じゃないけど(笑)一回全部脱ぎ捨てる勇気とゆーか…


あと、ちょっと話は変わるけど
私が会社辞めるとき、ふと「私がいなくなっても、1週間もしたら何事も無かったかのように会社って回るんだろうな~」と思ったんですよ。いや別に、それが寂しいとか悲しいじゃなくて。会社ってそう、あるべきだから。
私じゃなくても、偉いひとでも社長でも、誰がいなくなっても10日も経たないうちに…まるで何事も無かったかのように会社は回ってるでしょう。組織ってそういうふうに、ちゃんと出来てますよね。こんな凄いひとが辞めてどーなるんだろ…って不安に思ったこともあるけど、実際、10日もしないうちに普通になりました。

正直、薪さんと岡部が同時にパッと消えても、じゃあ第九も消えるのかとゆーと、波多野とかが尋常じゃないくらい火事場のバカ力発揮して、すぐに東京の第九って回ると思います。それが悲しいことじゃなくて、むしろ素晴らしいことなんだと思います。

それが出来ないのが、どうしても「私じゃなければ出来ない」ってことが、『母親業』であったり、個人経営の仕事であったりするんでしょうね~…なんて思ったこともあります。だからお母さんって、仕事を辞めることが出来るんじゃないかなぁと。皆が皆、そうじゃないですけどね。

なので、「自分を追い込む時期」であるコトと、「舞の親は自分にしか出来ない」って想いが重なれば…第九の室長という立場を辞める動機には十分だと思えたりしたんですね~でも何かしらの仕事はするでしょうけど。


Misaさん能力が無いとか仕事が出来ないとか、そんな風に思ってしまうハードな時期って、やっぱ誰にでもあると思うんですよ~私も偉そうなコト言えませんが…私、悩んだり考えたりする時に奥歯をギリギリと噛む癖があったんですね。それで、会社入って5年目から両方の奥歯が殆ど弱って…8~10年目には殆ど奥歯が無いという;さすがに入歯はまだ抵抗があるお年頃なので、でもインプラントにも抵抗があって、とりあえずの義歯で食べてます。いずれなんとかしなきゃいけない(お産のときに食いしばれなくて大変な目にあう;)(タオルを噛むとかでなんとかなるけどね)

でもそれでも「働く」ってなんでしょうね?きっと「お金が欲しい」だけなら他の仕事すると思うんですよ。でもそれだけでは割り切れない、生きがい、という自己肯定感を育てやすいなにかがあるんですよね。「居場所が欲しい」「社会に必要とされたい」「自分らしくいたい」そして「自分を高めていきたい」ってゆう。人間って、そうやって「生きてる」って実感を味わえるんだなぁって。

もし、Misaさんがハードな時期で、もしかしたら自分を追い込む時期に来ていたら…
私が自分の経験で思ったのは、(歯がダメになる前に)も~ちょっと、先輩とか上司に甘えれば良かったな…と。恥をさらしてでも這いつくばってでも、もっと相談したり「どうやったら出来るようになるのか」と聞けば良かったと思いました。Misaさんの周りに、信頼出来る人がたくさんいますように(^人^)

「約束」大事です^^誰かに「約束」したから、実現出来た!って言霊パワーあると思います。日本警察庁内初の同性婚♪…(´艸`)流石です、新聞の見出しみたいですね!

長々と熱いレスごめんなさい(@゜Д゜@;あら~こんなに書いてたわ!
  1. 2015/06/16(火) 02:02:56
  2. URL
  3. ちえまる #1.EbxbXM
  4. [ 編集 ]

[title]:

あああっ!ちえまるさん!!ありがとうございますっ!!!
新作読ませて頂くだけでも嬉しいのに、こんなにあったかでPowerを貰えるお返事頂けるなんて(>_<)

確かに仕事は誰にでも成り代われますよね
だからこそ、自分の居場所を確立するために頑張るんでしょうし
青木が辞めるという考えは守るべき「家族」の為なんですね
考えてみれば
薪さんが第九を辞める覚悟で滝沢との対決に向かったのは「家族」のように大事な人を守りたかったからだし
成り代わる、代われないと言うより自分がしたい!って思うんでしょうね
そんな風に思える「家族」、特に子供が居るって良いなぁ

今の仕事は現在産休の人がしていたんですけど
小さい会社にありがちですが彼女独りで約20年担当していたんです
なのでそのものズバリを聞ける人が居ないという・・・|д゚)
10年ぶりに戻った会社
納期とかが昔に比べてかなり早まっていて時代を感じます
色々な面で競争していかないと生き残れないんでしょうね

アドバイス通り、周りにドンドン聞いて頑張ります!
嬉しさの余りついコメントしてしまいましたがノーレスで
またちえまるさんのSS読めるのを楽しみにしています(≧▽≦)
  1. 2015/06/17(水) 01:51:36
  2. URL
  3. Misa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/tb.php/247-3b05b854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# 【秘密二次創作】Present

「秘密」の二次創作です。原作とは一切関係ありません。

Nたろうさんのトコとか各所で「薪にゃん」が大変なコトになってて~;;;;(発情期)
私も、「薪にゃん誘い受け同盟」委員長として(勝手に)「薪にゃん」の何かを書こうと思ったけど

とりあえずリハビリがてら、普通の青薪を~

久しぶりすぎて、マジでリハビリSSです。エロもないですし、まったりとどうぞ~

薪さんの誕生日ネタです。



Present

ずいぶんと長い間、片想いをしている。
────片想い────
そう、認めてしまうまでに時間はかかったが、認めざるをえなかった。僕は確かに、青木が好きだった。
普通、男女の恋愛だったら「片想い」にどう対処するのだろう。
きっと何らかのきっかけを探して、あれこれ策を巡らすのだろう。どういった理由で電話しようか…とか、どういった口実でプレゼントを渡そうか、とか。何とかして物を借りることが出来ないだろうか、借りることができたら、返すことできる…とか。

しかし、僕と青木を結びつけるもの────それは、仕事だけだった。
それならばそれで十分だった。僕は青木の成長が嬉しかったし、同じ目的で画面を見る捜査は恋愛の甘さを含むほどに興奮を伴うものだった。
今は別々に仕事をしているが、同じ血をわけた師弟として働いてる事実が、お互いの「絆」として今も繋がっている。
その「絆」は今も僕の誇りとして精神的な支えとなっている。

その均衡を破るかのように、青木が手紙を出してきた。
────家族────
その言葉はいろんな意味に解釈出来たが、あくまでも異性愛にしか興味を持たない青木に甘やかな期待を持つのはやめようと思っている。





もうすぐ薪さんの誕生日だ。何かしてあげたい──そんなこと、嫌がられるに決まっているけれど。
薪さんと俺の繋がりは、相変わらず「仕事」だけだった。誕生日をお祝いしたいなど、何をバカなこといってると一掃されるに決まっているのだけれど。

慌ただしい年末年始を過ぎ、外は雪が降っている。通勤に気が滅入る季節だったが、俺の頭の中は「薪さんの誕生日」に占められていた。
実は東京にいたころは薪さんの誕生日すら知らなかったのだ。薪さんのプライベートに興味を持ち始め、自分で色々と調べて行くうちに薪さんの誕生日が早春のころだと知った。
薪さんはもう、アラフィフと言われる年代にあたる。もちろん、異常に若く見えるその美貌は変わりない。その異常な若さとは別に、もう1つ気になることがある。

なぜ薪さんは、結婚をしないのか。

舞と母がいる自分ならともかく、薪さんに結婚できない理由が思い当たらない。以前に聞いた理由だと、第九という特殊な職業だから家庭を持てないと。しかし今や、そのような古くさい制限に縛られるような第九ではない。実際、結婚し家庭をもつ捜査員も多くなっているし、そのように第九を変えて来たのも薪さん自身なのだった。

忙しいのだろう、きっと。
家庭を持つほどの余裕もなく、捜査に没頭しているのだ。薪さんという人は、そういう人だ。そんな彼が、自分と誕生日を過ごしてくれるなど…考えられるはずもなかった。






いつも通り、報告書が九州から届く。メールの画面に、いつもと違う文面があった。

PS,もうすぐお誕生日ですね、何か欲しいものはありませんか?

「なんだこれは…」思わず苦笑する。
女子高生じゃあるまいし。自分の誕生日なんて忘れていた。それなのに青木は覚えていた。
「相変わらず、変なことに興味を持つやつだ」そう、つぶやきながらも思わず表情がほころぶ。外は雪が降っていたが、胸には暖かいものがこみ上げてくる。青木だけに感じる特有の、太陽のような暖かさが思い出されるのだ。
しかし、行動はうらはらに、返信はそっけなく業務連絡だけに留めておいた。甘い期待を持つわけにはいかない。僕たちの関係は、プライベートな関係に発展するはずがないのだ。
福岡でも雪は、降っているのだろうか。窓の外を見ながらそんなことを考え、気を紛らわせていた。






やはり全く無視されてしまった。
さすがにメールで、どさくさにまぎれて欲しいものを伺うのは直接的すぎたか。しかし、今までだって気の利いたものをプレゼントして喜ばれた記憶が無い。
「女性と付き合った経験が無いわけじゃないんだけどなぁ」
そう、呟いてはっとした。自分は何を言っているんだろう…薪さんは、女性ではない。思わず苦笑する。そういえば昔、薪さんが女の子だったらなぁなんて思ったこともあった。そんなバカげた夢をみたことを、今となってははるか遠い昔のことのように思い出された。

「なぁ、舞…」
目の前で朝食をとる愛しい姪に声をかけた。
「なぁに?こうちゃん」
顔を上げて答える。まだ恋愛も知らない無垢な瞳だ。この瞳がいつか、他の男を見ると思うと少し悲しくなる。
「舞は、まだまだ誕生日は先だけどさ。誕生日にはどんなプレゼントが欲しい?」
舞に聞いたってどうしようも無いではないか。それは解っていたが、舞に相談したいほどにどうしたらいいか解らなくなっていたのだ。
「舞は、ディズニーランドに行きたい!」
無邪気に答える。
「ディズニーランドだったら先月行ったばかりだろう?」
舞は本当に、テーマパークが好きだ。
「また行きたいの!何度でも行きたいの。ディズニーランドに行くって決まったら、こうちゃんもちゃんとお休みとってくれるでしょう?」
「…舞…」
もちろんだよ、と答えながら胸が締め付けられる気がした。
舞は…舞は、ディズニーランドに行きたいわけではないのだ。そもそもディズニーランドだったら、何度でも行ってるのだ。別にスペースワールドでも、オランダ村でもいいのだ。

自分、なんだ。

自分と一緒に過ごす、予定が欲しいのだ。いつも仕事で、あまり一緒に過ごせてないことを申し訳なく思うと同時に、そんな舞を改めて愛しいと思った。






『お誕生日、おめでとうございます。本日、東京に向かいますのでプレゼントをお持ちします。何を差し上げたらいいか解りませんでしたので、自分が一番欲しいと思うものをお持ちします。どうか受け取ってください。』

なんだこのメッセージは。誕生日当日、12時になった瞬間にこんなラインが来た。
「青木が一番欲しいと思うもの…?」
思わずひとり、呟いてしまった。不躾なメールに眉をひそめるでも無く、普通に驚いてしまったのだ。

青木が欲しいものとは何だろう。そう言われてみれば、ずいぶんと長い付き合いになるのに全く想像がつかない。青木が喜びそうなものといえば…舞が喜ぶものだろうか。ディズニーランドのチケットとかだろうか。でも、そんなものだったら自分で買うだろう。

「薪さん、お誕生日おめでとうございます」
やはりこの男も覚えていた。岡部が朝一番で祝ってくれる。ふん、と鼻で笑って答えてから「おはよう。早速、この案件だが…」誕生日など何でもないことのように、仕事の話に切り替える。






夜、22時を回った。

誕生日なんてこんなものだ。岡部も波多野も帰らせてから、所長室を出る準備をする。
すると、ノックする音がした。心臓が高鳴る。

「青木か」

静かに聞いてみる。冷静に、動揺を悟られないように。出来る限り抑揚をつけずに言った。

「薪さん、お久しぶりです。入っていいですか」

懐しい声。それだけで青木の、太陽のような温もりを思い出し胸が震える。

「まさか追い返すわけにはいかないだろう」

露骨に喜びを表すわけにもいかず、皮肉な言葉しか出てこない。
静かにドアが開き、青木が現れる。やはり久しぶりに見ると大きい男だ。ダッフルコートを着ているので余計にボリュームがある。そしてすっかり、父親の顔になっていた。きっと舞に対し、限りない愛情を惜しみなく注いでいるのだろう。

「お疲れさまです、もう、お帰りですか」
少し緊張しているのか、表情が硬い。いや、何か重大な決意をしているのか、いつも自分の胸にある柔らかい青木の表情とは少し違った。

「もう帰るところだ。なんだ、まさか仕事をほったらかして誕生日祝いに来たわけじゃないだろうな」

また皮肉しか出てこない自分の口が恨めしい。きっと青木は、忙しい仕事の合間をなんとかやりくりして時間を作って来たのだろう。そんなことは解っているのだが。

「九州の方は大丈夫です。今、副室長がしっかりやってくれていて…」
青木を支える副室長の存在は知っていた。かなりやり手で、熱い男だ。かつての青木のようだった。

「お誕生日、おめでとうございます」

やっと言えた、と言わんばかりに表情をほころばせる。僕の良く知っている青木の表情だ。
「祝われるような歳でもない」
また皮肉で答える。
しかし青木は、そんな僕の対応も解っているとばかりに笑顔になった。
「プレゼント、なんですけど…」
見たところ、青木は手ぶらだ。花束すら持っていない。
「薪さんが欲しそうなもの、いろいろ考えたんですけど…俺、解んなくって」
言っている内容は心もとないが、視線はしっかりと僕を捉えている。僕の方が耐えかねて、視線を逸らす。
「青木の欲しいものを持ってきた、と書いてあったな」
いかにも「そういえば…」と思い出したように、ラインの画面を見るふりをした。
「はい。俺が一番欲しいものって『約束』なんです」
約束?
予想外の答えに驚く。目線を逸らしていたくせに、思わず青木の顔を見た。
「今度、ディズニーランドに行こうね、とか。美味しいもの食べに行こうね、とか、そういうものです」
なかなかクサイことを言う。約束が欲しい、とは。青木がこんなロマンチストだとは思わなかった。
「クダラナイことを言う…」
思わず苦笑して漏らした。
「はい!」
それなのに青木は満面の笑みだ。
「クダラナくてすみません!でも俺、薪さんに約束をあげたいんです」
もはや僕へのプレゼントでも何でもないではないか。青木が一方的にしたいだけの「約束」とは、いったい何だろう。
「俺、秋になったら…舞の誕生日までには、九州を今の副室長に任せようと思っています」
「!」
何を言い出すのだ、この男は。相変わらず突拍子もないことを言って僕を惑わす。
「東京に戻ってきて、もう少し時間の取れる仕事をしたいと思っています」
「室長を辞める…というのか」
僕は脳天からショックを受けていた。
「舞と過ごす時間が欲しいんです。そして…」
青木が近づいて来た。思わず後ずさる。
「薪さん、一緒に暮らしましょう」
「は!?」
思わず大きい声を出してしまった。
「だって俺たち、家族じゃないですか」
青木の大きい手が、両手が、僕の肩を掴んだかと思うと一気に抱き寄せられる。こうやって青木に抱きしめられるのは何年かぶりのことだった。
「秋になったら、一緒に暮らしましょう?」
小さく、「ね?」と付け加えながら、僕の後頭部を大きい手で撫でた。顔が見られてないのが救いだ。そうでなかったら、泣き出しそうな表情を見られていたかもしれない。
「…そう、簡単には」
いかないだろう、と言い終わる前に、青木は答えた。
「俺が全部、なんとかしますから」
本当になんとかなるのだろうか。青木の母と、舞への説明はどうするというのか。岡部に知られたらどう説明したらいいのか。だいたい、一緒に暮らしたからといって、僕らの関係はどうにかなるのか。
「好きだから、一緒にいたいんです。それって、間違ってますか」
間違ってる、とは言い切れない。これが男女だったら普通だ。だが…
「お願いです、約束してください。一緒に暮らしましょう?」
まだ言っている。僕は思わず、フッと笑ってしまった。
「…勝手にしろ」
「はい!」青木は抱きしめる手に力を込めた。



本当に僕たちは、どうなるのだろう。一緒に暮らせるのだろうか。
正直、解らない。
青木が秋までに室長を降りることができるのか、母親や舞を連れて東京に引っ越すことができるのか、そして僕は青木の一家に受け入れられるのか。問題は山積みじゃないか。まぁ、いいとこ、青木が僕のマンションに通うか…だな。などと現実的な想像をしてしまう自分にも呆れる。

「一緒に暮らしましょうね」

青木はまた言って、力を緩めて僕の顔を見た。
僕はもう負けたよ、と言わんばかりに苦笑する。

こんな口約束が現実的でないことくらい、おそらく青木も解っている。でもこれが、今の青木が出せる最大の愛情とも解っているから。今はまだこんな、甘ったるい約束だけでも。

「片想い」から「家族」へ。そして僕たちは、また新しい関係に変化するだろう。きっと次の誕生日までには…
このよく解らない関係を、気長に作り上げていくことになる。

コメント

[title]:新作が!

たきぎさんの薪さんに続き、今度はちえまるさんの青木が「全部」発言ですね(笑)。青木、大きく出ました(^_^;)。でもこれくらいの根拠のない自信、青木らしいしいし、二人の幸せには必要だと思います。

ところで薪にゃんを文章で表現、は実写化くらい難しそうな気がするんですが(-ω-;)。もしかして既に秘策が?委員長がリハビリ終えられて復活されるのをお待ちしてます♪

まったりさせていただきました~(*^^*)/


  1. 2015/06/09(火) 14:13:14
  2. URL
  3. eriemama #-
  4. [ 編集 ]

[title]:委員長!

わ~、久しぶりの新作ですね! また、ちえまるさんの小説が読めて嬉しいです。

「だって俺たち、家族じゃないですか」
「俺が全部、なんとかしますから」
な、なんと! 青木くん、大きくでましたなぁ。ちえまるさんの青木くんは、とてもかっこいい…

リハビリでこのクオリティなら、委員長の薪にゃんが拝める日もそんなに遠くないかも? 


  1. 2015/06/09(火) 18:45:41
  2. URL
  3. たきぎ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:ああ委員長!!

はああああちえまるさんのSSだあ……
こんな日が来るとは。
そして今日はしづさんも新作発表されまして、なんて贅沢な日ですか何なんですか!?

やっぱりちえまるさんらしい、目のつけどころがシャー〇な感じで。
プレゼントが約束だとか自分の欲しいものあげるとか約束が一緒に暮らしましょうとか!!青木らしいわー(°▽°)
でも青木の猪突猛進が唯一、薪さんの鉄壁を突破できる希望だから。
薪さんも、もー、バカには敵わん、てちょっと流されてやろっか的な、やだちょっと萌える!!

ありがとうございました、ほんとに今日はいい日だ!
これから表の方もコメントしに行きます、ね?ね?←ストーカー
  1. 2015/06/09(火) 20:02:44
  2. URL
  3. なみたろう #-
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: 新作が!

eriemamaさんありがとうございますっ( ´ ▽ ` )ノ
そうそう、青木、大きく出ちゃいました☆ 青木、7巻で泣いてる薪さんの手を握って「俺が助けますから」と言ったシーン結構好きなんですよね。あれのイメージが残ってるのかなぁ。こんなん書いてみました!

薪にゃんの秘策!?ないっす(笑)
いや、青木×薪にゃんだったら「やってるだけ」でいいかなと(←問題発言)…いや、その「やってるだけ」が結構難しいんですけどね;ん~私のイメージだと「おいしい生活」って話を前に書いたことがあるんですけどあんな感じかな~

薪にゃん誘い受け同盟、結局活動してるじゃん!って突っ込みは無しで~w
  1. 2015/06/09(火) 21:12:01
  2. URL
  3. ちえまる #1.EbxbXM
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: 委員長!

たきぎさんに触発されて新作です~~~~^^ありがとうございます!

いやホント、リハビリって感じでしょ…まったり~と~(*´∀`*)まず、新作を「書き出した」ってコトに意義があるよね(←自分で言う)誰かが書き出すとみんな書き出すって流れ、あると思うんですよ!たきぎさんのおかげで、また再始動しました。

しかし夜中に書いて上げたから、朝読んだら恥ずかしいだろうな~と思ってたけどやっぱちょっと恥ずかしいですな!でもこの青木の「お前が言うな」感って結構好きなんですよね。メッチャ頼りないBOYが言う「俺に任せろ」感って萌えます(マニアック!)

そして、やっぱ舞が出てくるとホノボノしちゃいますね。どーしても激しいエロなど取り入れられないとゆーか…w
薪にゃんのはパラレルワールドで、舞とか青木母は存在しない設定だから(勝手に)やりたい放題っすよ!
  1. 2015/06/09(火) 21:30:45
  2. URL
  3. ちえまる #1.EbxbXM
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: ああ委員長!!

ああああああああああああ副委員長!おかげさまでちょっと再始動してみましたよ!忙しいのにコメント感謝!

うおお、確かに、しづさんも同時期に新作をアップされてる!(きゃー比べないで(/ω\)ハズカシーィ)私ももれなく萌えて来ました!桜に抱かれる薪さんってもう、それだけでイメージがキラッキラ☆しててイイなぁ!

いや~もう大人になったら「プレゼント」とか困るじゃん!?(私だけ?)だいたい大人って、欲しいものあったら自分で買えるし。趣味嗜好も割と固まってるから、好みじゃないもんあげてしまっても困るだろーし…

で、私がいつもなみたろうさんに頂いてる「今度○○を描きますね」ってゆー「約束」が結構嬉しかったんですよね~。

「○○に行こう」とか「絵を描いてあげる」みたいな、約束ってイイですね。「予定」のプレゼント、とゆーか「約束」って言った方がザ・ロマンチスト☆青木って感じで合うかな~と。

そしてそう!青木の猪突猛進かつ根拠のない自信がツンの薪さんを突き破るカギとなっております。薪さんの「ちょっと流されてる」感、解ってくださってありがとう嬉しいわ!!!!

うおおお、もっと恥ずかしい「表」の方まできてくださる!?昨晩はなんか、いろいろアウトプットしたい日だったんだよね~表も裏も書いちゃった大量にw
ありがとうありがとう!私のほうこそ、今日はいい日だ~♪
  1. 2015/06/09(火) 21:43:28
  2. URL
  3. ちえまる #1.EbxbXM
  4. [ 編集 ]

[title]:また書いてください

新作発表、おめでとうございます、委員長!

(o´Д⊂)
また泣いちゃっいました。よかったです。
すぐにコメントできなくて、結局3回目読んでやっとコメント書けました。
委員長の文、好きです。結構、今回の青木くん、いったねって感じなんですけど、文が柔らかいんですよね。だから優しい気持ちになれます。

今回も舞ちゃんが出てきて、ほろりとしました。そうだよね、子供ってそうかもしれない、意外と欲しいものとか、やりたいこととか聞いていくと、実は誰かとが大事だったりする。そこに気が付くとね。まあだんだん、親じゃなくて友達とか恋人になるんだけど(*´σv`)

青木くんが舞ちゃんを大事にしているの、いいですよ。自分が守るって決めた人をちゃんと守っていくことができなければ、薪さんと一緒になんて薪さんが許さないと思うから。

きっと、この薪さん、嬉しかったんですよね。不確かでも、プライベートで楽しみの約束するなんてことずっとなかっただろうから。色々な形で色々な約束が二人に積み重なっていったらいいなって幸せな気分になりました。
ありがとうございました。

またSS書いてください。待ってます(^o^)丿
  1. 2015/06/10(水) 12:56:32
  2. URL
  3. ヤマネ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:青木くん!

青木くんがかなり大きく踏み込みましたね!

えっ、でも辞めちゃうのお〜〜!??
青木くんは有言実行だから、本当にやっちゃうかもしれませんね。

「むしろ流されたい」感じの薪さんがかわいいです(^^)
  1. 2015/06/10(水) 13:38:59
  2. URL
  3. ねこじゃらしにゃんたろー #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: また書いてください

うっ…泣かせるじゃねぇか…ヤマネさんっ!!!!ありがとうございます。°(°`ω´ °)°。
3回も読んで頂いてむしろこっちが泣いてますっ!私の文…きゃー!好きとかキャー!二次創作ブロガー冥利に尽きます。°(°`ω´ °)°。本当にありがとうございます。°(°`ω´ °)°。

文が柔らかい…ですかっ!始めて言われましたが嬉しいです(性格がとんがってるので!)

子どもって、大事なコトを気づかせてくれる存在ですよね~ 時々ハッとさせられる。そんで、たぶんだけど…夢と現実の区別がまだついてない感じだから、夢の中みたいに正直なんですよね。

とか言いながらも、すぐに友達やら異性に夢中になっちゃうんでしょうね、ホントに。

ううううう…うちの王子だって今は超可愛いけど(親バカ…;)すぐに「ババァ!ノックしろよ!」とか言ってナニー!って戦って学校行かせてもすぐ学校から電話あって「お母さーん、ユウトくんがタバコ吸ってたんで学校まで出てきてくれますか」とか言われて…って思うと想像だけで泣けてきます。°(°`ω´ °)°。←悲観的すぎw
でもそーゆーの、ひっくるめて一緒に生きていく覚悟あるじゃないですか。親って。だから青木だって…その覚悟で面倒見てると思うんですよね(まぁ、舞ちゃんはババァとか言わないだろうしタバコも吸わないと思うけど)(^ω^;)

青木って、雪子にも「母と舞は俺が守ります」って宣言して別れてますからね~ 一時は舞よりも薪さんを選ぶような発言もあったけど(あれはあれで激・萌えましたけど;)それって、薪さんが許さないですね。死んだ姉夫婦じゃなくて、薪さんが許さないって感じします。

で、それとは違った意味で、薪さんへの覚悟とゆーか…彼に出来る精一杯の愛情を見せて欲しかったんですね~薪さんに対しても。

薪さん、嬉しかったはずです!そこにも気づいてくださってありがとう!!(°▽°)!!
プライベートの約束、仕事上の契約関係じゃなくて「ただ好きだから」一緒に住もうという約束、そんなこと、家族以外でできませんて。これからも「○○に行きましょう」「○○を食べに行きましょう」「お正月はハワイに行きましょう」「指輪を買いましょう」(←急に飛躍w)
楽しい約束がい~っぱい、目白押しの2人だと思います!

はい、また書きます!ありがとうございました(゜∀゜)
  1. 2015/06/10(水) 16:23:20
  2. URL
  3. ちえまる #1.EbxbXM
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: 青木くん!

もう1人のNたろうさんこと、ねこじゃらしにゃんたろーさん!ごめんなさいフルネームで書かせてしまうような感じにさせてしまって…(^ω^;)コメントありがとうございますっ!

青木くん、そうです、室長を辞めちゃうのは…ちょっと私もどうかな~とは思ったんですが

青木くんって22歳の時からずっと第九の仕事してるんですよね。薪さんはある程度、社会経験積んでから、第九を立ち上げてるけど。
22歳からずっとこの仕事してて、30前後でまた、こーゆー選択があってもイイんじゃないかって個人的には思います。警察官は辞めなくても、違う業務もあると思うし…せっかく大きい組織にいるんだったら、いろんな部署を経験してもイイと思うんですよね~ まぁ、青木くんが事務とかやってる感じはイメージしずらいけど(^ω^;)薪さんの秘書的な仕事とかしてくんないかな~~~~!!!!(それはそれで忙しくて、舞との時間なんてとれないか;)

私も、企画とかデザインをやりたくて会社に入ったけど、最初は秘書室に回されたんですよね。やりたいことができなくてグレたけど、秘書室での2年間の経験が、後々結構~役にたってるし、誰でもそういうのってあると思うんですが。

ましてや50年後なんて、もっと移動や希望を出しやすい世の中になってると思うんですよね~特に国家公務員なんて、「子どもがいる」とかちゃんと理解してくれそうじゃないですか。青木なんて特に…片親ってことなんだし。

ちゃんと後進を育てているのなら、ですけどね。育てられたのなら、薪さんが注いで育てた恩は継承していると思うので…「辞める」という選択もアリかと思ったわけです。

「むしろ流されたい」感じの薪さん!あざっす!そこ、ポイントっす!
流されて、2人で、仕事だけじゃない新しい生き方を模索して欲しいものです♪
  1. 2015/06/10(水) 16:39:17
  2. URL
  3. ちえまる #1.EbxbXM
  4. [ 編集 ]

[title]:青木さん、すてき♪

ちえまるさん、同じ日にアップしてたんですね。わー、偶然w 
ちえまるさんの新作SS、うれしい~(^^) 

やっぱりちえまるさんの話は青木さんがイイ! 
諸々の障害を「なんとかします」で押し切っちゃう、そのラッセル車のような走りっぷりがお見事! そうだよ、青木さんてこういう人だったよ~。
室長辞めるって言い出した時には薪さんと同じくらいびっくりしましたけど。青木さんならやりかねないとも思いましたよ、わたしゃ。


次のSSは薪にゃんなんですか?
わー、楽しみ♪
委員長さん、がんばって(^^
  1. 2015/06/10(水) 17:33:28
  2. URL
  3. しづ #H6hNXAII
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: 青木さん、すてき♪

キャー(*ノェノ)キャーしづさん!ありがとうございますっ!よりによって、しづさんと同じ日にアップしてしまった~(//∇//)恐縮しちゃうけど嬉しいですシンクロ感~♪
私が!ですよ!!私こそ、しづさんの新作嬉しい~♪(´ε` )続きが楽しみで死んじゃうでも生きちゃう!コートにすっぽり包まれた薪さんに1万点!

こちらの青木さん、褒めて頂いてありがとうございます~作者として嬉しい^^良かったね~ちえ青木さんっ♪

「室長辞める」もねぇ…正直、自分で書いててもこの「辞める」って展開は抵抗あったんです(;・∀・)にゃんたろーさんへのレスにも書きましたが。

でも私の周り…だけかもですが、特に女性って、子育てとかしていく中で、仕事に関する考え方とか価値観がガラッと180度変わる人も多くて(私はそれほどでも無かったけど)
もう、バリバリのキャリアウーマンだった女性が、子ども産んであっさり仕事辞めたりとか…私が「え~っ!?」って驚いたくらいで。産休じゃなくて、辞めちゃうのかよ!?って。

青木さんは女性じゃないけど、舞にとっては母親も兼ねる存在なので、そういう心境の変化があってもおかしくはないかなぁ~…と思いまして。

でもそれって、決して「芯がない」とか「裏切り」では無くってですね…私も今だから解るんですが、バリバリのキャリアウーマンだからこそ、中途半端な集中力でやりたくないんだな、とか。
または、「定年まで勤め上げること」を目的としていない、つまり、いる間、それが数年でも、いる間にどれだけベストを尽くせるか、いる間にどれほどのモノを残せるか、に、重きを置いてるとゆーか…です。ダラダラ30年以上いて、何も残せない人だっているし、逆に数年でやりきって辞める人もいるから…

もちろん、仕事に対する向き合い方って十人十色だから、誰だって全く違うし…正解はないし。この話にそこまでの意味や背景を込めてないですが、私がこういう展開をさせた土台には、こんな考え方があるっぽいです~

私、薪さんですら、第九の仕事やりきって辞めて!青木と一緒に海外リゾート地に移住して結婚して余生を穏やかに過ごして欲しい…って思うことありますもん(^ω^;)

で、そんな仕事とか諸々の問題をすべて「ラッセル車」のようにかき分けて突き進む青木さん!!!「ラッセル車」頂きました!┏○)) アザ━━━━━━━━ス!雪、かき分けてゴリゴリ進むアレですよね!?超~ウケました(。 ノ∀<)σ
そうです、青木さんは落ち着いて見えてもイクメンしてても、まだギラギラしてる20代ですから!

わ!わ!薪にゃん誘い受け同盟を見守っててくださるんですか!?||ョ゚Д゚;))))ドキドキ ありがとうございます総監督!
委員長、頑張ります!(まだノープラン!)
  1. 2015/06/10(水) 22:08:02
  2. URL
  3. ちえまる #1.EbxbXM
  4. [ 編集 ]

[title]:

青木が仕事を辞める・・・
えっ!って思いましたが、コメントでちえまるさんの考えを読んでなるほどなぁと思いました

私的には薪さんは自分から第九を離れる気はないと思っていて
それは鈴木さんの想いを受け継ぐみたいな気持ちがあるからだと思っていて
そんな薪さんをひっくるめて一緒に戦いたいと思っている青木がいて・・・
でも戦い方は人それぞれ
要はちゃんと向き合って生きていけるかなんでしょうね
自分にも、大切な人にも
どんな選択をしても一生懸命に生きている人は輝いているんだと思います
ちえまるさんも
ちえまるさんの周りの人達も

今の私は自分の能力の無さに凹んでて・・・
仕事の出来なさに達成感が得られなくてどよーんなんですが
どよーんとしてるヒマがあったら仕事覚えろ!ですね


約束大事です
例え現実不可能だとしてもそれに向かって努力しようとする想いが大事ですよね?
そしてその想いを口に出す
コレも大事
声に出す事でより気持ちが強くなります
不可能だったら、前例が無ければ自分たちでつくっちゃえば良いんですよ~
日本警察庁内初の同性婚♪

仕事一つでぼやいている私が言っても説得ありませんが・・・(^^ゞ
(途中グチってすみません☆)
でもちえまるさんのお話とコメントで元気出ました!
明日から前向きに頑張りますっ!\(^^)/

  1. 2015/06/14(日) 23:33:17
  2. URL
  3. Misa #-
  4. [ 編集 ]

[title]:Re:

Misaさぁ~ん(*´ω`*)コメントありがとうございます♪青木が室長辞めちゃうって選択、びっくりですよねぇ(自分で書いといてw)確かに薪さんは辞めないと思いますが(鈴木の遺志を継いでるというスタンスがあるから)

青木は…自分をもっと良いものにしようという、「自分を追い込む自分」を、持ってそうじゃないですか。強いから。自分を追い込まなければ、道は開けないって時期もあるんで…「自分を追い込む」ってつまり、今まで築き上げてきたものを一回ガラッと壊すことだったりするんで…それって結構な勇気いるけど、人生に何度かそーゆー時期ってありませんか。蛇の脱皮じゃないけど(笑)一回全部脱ぎ捨てる勇気とゆーか…


あと、ちょっと話は変わるけど
私が会社辞めるとき、ふと「私がいなくなっても、1週間もしたら何事も無かったかのように会社って回るんだろうな~」と思ったんですよ。いや別に、それが寂しいとか悲しいじゃなくて。会社ってそう、あるべきだから。
私じゃなくても、偉いひとでも社長でも、誰がいなくなっても10日も経たないうちに…まるで何事も無かったかのように会社は回ってるでしょう。組織ってそういうふうに、ちゃんと出来てますよね。こんな凄いひとが辞めてどーなるんだろ…って不安に思ったこともあるけど、実際、10日もしないうちに普通になりました。

正直、薪さんと岡部が同時にパッと消えても、じゃあ第九も消えるのかとゆーと、波多野とかが尋常じゃないくらい火事場のバカ力発揮して、すぐに東京の第九って回ると思います。それが悲しいことじゃなくて、むしろ素晴らしいことなんだと思います。

それが出来ないのが、どうしても「私じゃなければ出来ない」ってことが、『母親業』であったり、個人経営の仕事であったりするんでしょうね~…なんて思ったこともあります。だからお母さんって、仕事を辞めることが出来るんじゃないかなぁと。皆が皆、そうじゃないですけどね。

なので、「自分を追い込む時期」であるコトと、「舞の親は自分にしか出来ない」って想いが重なれば…第九の室長という立場を辞める動機には十分だと思えたりしたんですね~でも何かしらの仕事はするでしょうけど。


Misaさん能力が無いとか仕事が出来ないとか、そんな風に思ってしまうハードな時期って、やっぱ誰にでもあると思うんですよ~私も偉そうなコト言えませんが…私、悩んだり考えたりする時に奥歯をギリギリと噛む癖があったんですね。それで、会社入って5年目から両方の奥歯が殆ど弱って…8~10年目には殆ど奥歯が無いという;さすがに入歯はまだ抵抗があるお年頃なので、でもインプラントにも抵抗があって、とりあえずの義歯で食べてます。いずれなんとかしなきゃいけない(お産のときに食いしばれなくて大変な目にあう;)(タオルを噛むとかでなんとかなるけどね)

でもそれでも「働く」ってなんでしょうね?きっと「お金が欲しい」だけなら他の仕事すると思うんですよ。でもそれだけでは割り切れない、生きがい、という自己肯定感を育てやすいなにかがあるんですよね。「居場所が欲しい」「社会に必要とされたい」「自分らしくいたい」そして「自分を高めていきたい」ってゆう。人間って、そうやって「生きてる」って実感を味わえるんだなぁって。

もし、Misaさんがハードな時期で、もしかしたら自分を追い込む時期に来ていたら…
私が自分の経験で思ったのは、(歯がダメになる前に)も~ちょっと、先輩とか上司に甘えれば良かったな…と。恥をさらしてでも這いつくばってでも、もっと相談したり「どうやったら出来るようになるのか」と聞けば良かったと思いました。Misaさんの周りに、信頼出来る人がたくさんいますように(^人^)

「約束」大事です^^誰かに「約束」したから、実現出来た!って言霊パワーあると思います。日本警察庁内初の同性婚♪…(´艸`)流石です、新聞の見出しみたいですね!

長々と熱いレスごめんなさい(@゜Д゜@;あら~こんなに書いてたわ!
  1. 2015/06/16(火) 02:02:56
  2. URL
  3. ちえまる #1.EbxbXM
  4. [ 編集 ]

[title]:

あああっ!ちえまるさん!!ありがとうございますっ!!!
新作読ませて頂くだけでも嬉しいのに、こんなにあったかでPowerを貰えるお返事頂けるなんて(>_<)

確かに仕事は誰にでも成り代われますよね
だからこそ、自分の居場所を確立するために頑張るんでしょうし
青木が辞めるという考えは守るべき「家族」の為なんですね
考えてみれば
薪さんが第九を辞める覚悟で滝沢との対決に向かったのは「家族」のように大事な人を守りたかったからだし
成り代わる、代われないと言うより自分がしたい!って思うんでしょうね
そんな風に思える「家族」、特に子供が居るって良いなぁ

今の仕事は現在産休の人がしていたんですけど
小さい会社にありがちですが彼女独りで約20年担当していたんです
なのでそのものズバリを聞ける人が居ないという・・・|д゚)
10年ぶりに戻った会社
納期とかが昔に比べてかなり早まっていて時代を感じます
色々な面で競争していかないと生き残れないんでしょうね

アドバイス通り、周りにドンドン聞いて頑張ります!
嬉しさの余りついコメントしてしまいましたがノーレスで
またちえまるさんのSS読めるのを楽しみにしています(≧▽≦)
  1. 2015/06/17(水) 01:51:36
  2. URL
  3. Misa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/tb.php/247-3b05b854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# プロフィール

ちえまる

Author:ちえまる
(前はユーカリというHNでした。今はtwitter名に合わせてちえまるとしてますが、どちらで呼んでいただいても構いません)

●『秘密』の薪さんが好きで作ったブログです。非公式に個人で運営中。

●二次創作、イラスト、感想、レポート、雑記…等々。

リンクフリーです。
リンクは 
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/
にお願いします。

拍手コメントのお返事はコチラ 鍵拍手コメントのお返事は記事のコメント欄に。

●コメント欄は、非公開コメントを受け付けてません。公開コメントのみ。非公開の方は拍手鍵コメにてお願いいたします。

●こんな運営ですが、拍手やコメントありがとうございます!

●清水作品は『ミルキーウェイ』から。ジャック&エレナシリーズも好き♪
 

# 最新記事

# 月別アーカイブ

    MONTHLY

# 主張


# カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。