清水玲子先生が好きで作った非公式ブログです。 現在は『秘密-THE TOP SECRET-』を中心に。

# オールバックと泣きむしガンマン

# スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:まさか「一行」の由来は恋愛脳一向に成長なし、の「イッコウ」?(爆)

タイトルすみません、おふざけしちゃって(-_-;)なわけないですが。。。

ちえまるさん、もしかして花ゆめ育ちですか?(笑)LaLaとか含め、白泉社系の…。グリーンウッドの、薪さん好きは光流×忍が好き、ってなるほど、って思いました。懐かしいなー。地元の友達が昔、グリーンウッドでBL二次創作してましたよ(笑)。当時は「や〇い」文化最盛期でしたから^_^;私もそこまでその頃は盛り上がれなかったというか、ピンと来なかったんですが、今大人になった彼らを想像すると…(≧〇≦)

薪さんには青木を想う気持ちをまず手に入れて欲しい、ってこれはあの時の呟きですね(笑)何となく会話になってましたよね。薪さんに届いてるといいなぁ。本当に、まずはそこから、ってファンの願いですよ~。


  1. 2015/04/15(水) 09:35:49
  2. URL
  3. eriemama #-
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: まさか「一行」の由来は恋愛脳一向に成長なし、の「イッコウ」?(爆)

eriemamaさんっ!いらっしゃいませ~タイトルでおふざけ大歓迎ですっ!私自身がふざけたタイトルでよく人様のところを荒らしてますからぁっっっ!

はいっ!ご指摘とおり、花ゆめ・Lala育ちですっ。「ガラスの仮面」今も読んでます!

もちろん、普通に「なかよし」とか「ちゃお」も読んでましたが、そんななかでも「ときめきトゥナイト」とか、やっぱ、魔界とか宇宙人とか、不思議系や、ぶっ飛んでるやつ(少女漫画らしからぬ世界観)が好きでしたね~…

で、行き着いたのが白泉社系。「花とゆめ」なんて、めっちゃ少女ラブリーな雑誌名なのに、中身まったく少女漫画っぽくない(SFとか異世界)でしたもんね!

今でこそ「君に届け」「のだめ」も読んでますが、現実の少女時代は「白泉社」寄りでした^^;

グリーンウッド…も、宇宙人こそ出てなかったけど極めて那州雪絵ワールドでしたからね…しかも、当時の「やおい」文化にズドーン!と、マッチしてしまいましたよね^^;いや、作者が狙ったのかどーか知りませんが。

薪さん好きは「光流×忍」が好き、って、理解して頂けますっ?Σ(゚∀゚ノ)ノ いや、もちろん、「私は忍×光流だったけど薪さん好きよ~」って方がいらしても不思議じゃないんですが(薪さん、見た目は光流に近いですもんね…タレ目の女顔)

あまりにも忍がぁ…忍の中身が(優秀なのに、自分を嫌ってる)薪さんっぽいんですよ~

しかも、原作が…残された腐女子に優しいとゆーか、「日出処天子」とか「BANANA FISH」と違って、妄想の余地を残す終わり方したから(くっつきはしなかったけど、まだ一緒に暮らすという将来を残して)将来の妄想、しまくりでしたもん。未だに「光忍」「忍光」とかで検索すると結構出てくる…^^


あっ…薪さんへのつぶやき…見ていただけました?(/ω\)ハズカシーィ

そう、お気づきかと思いますが、私はその時その時に思ったことを(まさに、しゃべり言葉でつぶやくように)パッと呟いてしまい、その後で「なんでこんなこと呟いたかな~」って掘り下げて記事にすることも多いんです。つぶやき自体は、たいして考えてなくて、でもその発言が出てくるってことは色々背景に考えてるからってことだよなぁ…って、文章にするとこーなります。ツィッターを下書きのように(発想のメモ)つかってるんですね。キャーやっぱ(/ω\)ハズカシーィ(そんな大層な記事書いとらんやんっ!)
しかもbotに話しかけてんですよね、痛いヤツ…^^;でも、これからもやっちゃうと思うんですが大目に…見守っててください(^_^ゞ
  1. 2015/04/15(水) 15:19:11
  2. URL
  3. ちえまる #1.EbxbXM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/tb.php/234-b9fdc18f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# 成長萌え

※この記事、ただの個人的な雑記でメロディ4月号のことはあまり語ってませんが、ネタバレに敏感な方はご遠慮ください。



昔…青春時代…てゆーか、子ども時代ですかねぇ。
「ここはグリーンウッド」とか、学園ものに密かにBLを感じてドキ☆ワクしてた頃…なんですが。
30代になった大人の彼らなんて想像出来なかった(あえて将来のコトとか考えないようにしていた)んですね。

若い頃のBL嗜好ってそうじゃないですか一時のドリームじゃないですか(まぁBL自体がドリームなんですが)
(BLとか、同人誌を知らなかったので、そのドキワクがどーゆーものか解ってなかったってゆーのもあります)

けど今…、超~現実的に、池田光流30才とか、手塚忍30才とか、考えただけで萌えるな(´Д`)
(絶対あの頃よりカッコ良くなってるし、エロくなってると思うもの

「動物のお医者さん」で言えば…(ちなみに私は、大人になってから、後々「ハム×二階堂」に転んだんですが)
西根公輝30才二階堂昭夫30才、とかでも同様に萌えますようぉ~どんな風になってんだろ(ココはあんま、変わってないかな

私、ジャンプ系はノータッチなんですが(BLとしては)
「瑠川楓30才」とか、萌えませんかどうですか
こーやって文字にしただけでも、色々妄想しちゃうな

(ちなみに私、「池田光流30才」って文字列だけでも3本くらいお話が浮かびました


10代らしいキラキラした輝きを放つ彼らも素晴らしかったけど(そしてそれを素直に吸収してた10代の私な

今、BLを「一時的な妄想ドリーム」として終わらせられない(すっかり腐った)私からすると、30代~40代になる大人の彼らを思うと、それはそれで妄想爆発するんですよ。

「あえて将来のことを考えないようにしていた(だって結婚とか出来ないし)」から、「あえて考えるリアルな30代」に

なってるってゆぅ…(重症)(かつ、時代に応じて都合よく進化してる腐女子感)

だって、これがさ…これが12年後どーなってんのかって思うとさ…(*´д`*)ハァハァ
グリーンウッド_アニメ
(グリーンウッド、アニメの1シーンより)



その点、薪さんって…最初から割と、出来上がってた人だから。

そーいった意味での「成長萌え」みたいなのって無いじゃないですか。

ただ、青木にはけっこーこれ、ある

今まで青木のヘタレっぷり見てきたし、特に前号の「ヘタレ月」の後だから今号…

青木の機転のきかせかた沙羅への神対応
「仕事デキル」「しかもイイやつ」みたいな

青木って今までも、急に成長するから(って私どんだけ上から目線
ハイパーバージョンの青木に、「成長萌え」するんですよね…

ただし色気が

恋愛に対する考え方や価値観が、一向~に成長してないっ「家族」とかゆってて、も~~~~~~

って思っちゃうよね。
成長萌えって、人間としての成長もだけど、恋愛観とかそういうのも進展してて欲しいんですよね(つまり、エロくなってて欲しいんですよね)全くの腐女子(てゆーか私の)勝手な思い込みなんですけどそれはわかってるんだけどさ~~~~~

青木…

薪さんをモノにしちまえよ(ちえまるちょっと品が無くてすみません




でも薪さんが成長してないってことも無くて、

「ジェネシス」の時なんかは初々しい薪さんを拝見できたわけですが

今のスピンオフ、薪さんは薪さんで、「青木への想い」を素直に表現するまでに至ってますよね。これを「成長」とゆーのかどーかは、人によるとは思いますが。

私、「好き」とかって想いは、口にすることである種の決着はつくと思うんですよ。
つまり、手放すか、手に入れるかという…個人的には、口にすることで強くなって欲しいとも思えるんですが。

薪さんにはね、青木を手に入れて欲しいとゆーよりは、「青木を想う気持ち」を、しっかりと、手に入れて欲しいんですよね~。それが「恋愛」を意味することであっても。「青木を好き」ってことは、悪いことでも青木を不幸にすることでも無いし、薪さんもっと素直に自分の気持ちを許してあげたほうがいいと思う~~~~

その後だったら、例え青木と別れることがあったとしても(酷い痛みはあると思うけど)後悔はしないと思うんだけどな~。そういう恋愛って、アラフォーになってからじゃキツイのかも知れないけどさ。人に「恋してる」状態ってやっぱり…いくつになっても「喜び」じゃないですか

いや、私もそんな、恋愛経験豊富じゃないんですけど(/ω\)イヤン
想いを自覚したり、口にしたりすることって…難しくて、でも幸せなことだなぁって思うんですよ。だってそんなに、人を好きになることって…そうそう無いじゃないですか(いや、私も惚れっぽいけど、そんなしょっちゅう無かったですよ)「素敵だなぁ」とか「カッコイイなぁ」って思うことは結構あるけど(オイ(゚Д゚)ノ)
「好きだなぁ」って思う人は…

薪さん、青木のことを好きになって良かったね(´∀`)って、思いたいんですもん。そのためには、まずは薪さん自身が、その想いを肯定しなきゃね…って思うのでした。





ちなみに薪さん好きは「光流×忍」が多いかなって…前から言ってるんですが、実際、どうなんでしょう

コメント

[title]:まさか「一行」の由来は恋愛脳一向に成長なし、の「イッコウ」?(爆)

タイトルすみません、おふざけしちゃって(-_-;)なわけないですが。。。

ちえまるさん、もしかして花ゆめ育ちですか?(笑)LaLaとか含め、白泉社系の…。グリーンウッドの、薪さん好きは光流×忍が好き、ってなるほど、って思いました。懐かしいなー。地元の友達が昔、グリーンウッドでBL二次創作してましたよ(笑)。当時は「や〇い」文化最盛期でしたから^_^;私もそこまでその頃は盛り上がれなかったというか、ピンと来なかったんですが、今大人になった彼らを想像すると…(≧〇≦)

薪さんには青木を想う気持ちをまず手に入れて欲しい、ってこれはあの時の呟きですね(笑)何となく会話になってましたよね。薪さんに届いてるといいなぁ。本当に、まずはそこから、ってファンの願いですよ~。


  1. 2015/04/15(水) 09:35:49
  2. URL
  3. eriemama #-
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: まさか「一行」の由来は恋愛脳一向に成長なし、の「イッコウ」?(爆)

eriemamaさんっ!いらっしゃいませ~タイトルでおふざけ大歓迎ですっ!私自身がふざけたタイトルでよく人様のところを荒らしてますからぁっっっ!

はいっ!ご指摘とおり、花ゆめ・Lala育ちですっ。「ガラスの仮面」今も読んでます!

もちろん、普通に「なかよし」とか「ちゃお」も読んでましたが、そんななかでも「ときめきトゥナイト」とか、やっぱ、魔界とか宇宙人とか、不思議系や、ぶっ飛んでるやつ(少女漫画らしからぬ世界観)が好きでしたね~…

で、行き着いたのが白泉社系。「花とゆめ」なんて、めっちゃ少女ラブリーな雑誌名なのに、中身まったく少女漫画っぽくない(SFとか異世界)でしたもんね!

今でこそ「君に届け」「のだめ」も読んでますが、現実の少女時代は「白泉社」寄りでした^^;

グリーンウッド…も、宇宙人こそ出てなかったけど極めて那州雪絵ワールドでしたからね…しかも、当時の「やおい」文化にズドーン!と、マッチしてしまいましたよね^^;いや、作者が狙ったのかどーか知りませんが。

薪さん好きは「光流×忍」が好き、って、理解して頂けますっ?Σ(゚∀゚ノ)ノ いや、もちろん、「私は忍×光流だったけど薪さん好きよ~」って方がいらしても不思議じゃないんですが(薪さん、見た目は光流に近いですもんね…タレ目の女顔)

あまりにも忍がぁ…忍の中身が(優秀なのに、自分を嫌ってる)薪さんっぽいんですよ~

しかも、原作が…残された腐女子に優しいとゆーか、「日出処天子」とか「BANANA FISH」と違って、妄想の余地を残す終わり方したから(くっつきはしなかったけど、まだ一緒に暮らすという将来を残して)将来の妄想、しまくりでしたもん。未だに「光忍」「忍光」とかで検索すると結構出てくる…^^


あっ…薪さんへのつぶやき…見ていただけました?(/ω\)ハズカシーィ

そう、お気づきかと思いますが、私はその時その時に思ったことを(まさに、しゃべり言葉でつぶやくように)パッと呟いてしまい、その後で「なんでこんなこと呟いたかな~」って掘り下げて記事にすることも多いんです。つぶやき自体は、たいして考えてなくて、でもその発言が出てくるってことは色々背景に考えてるからってことだよなぁ…って、文章にするとこーなります。ツィッターを下書きのように(発想のメモ)つかってるんですね。キャーやっぱ(/ω\)ハズカシーィ(そんな大層な記事書いとらんやんっ!)
しかもbotに話しかけてんですよね、痛いヤツ…^^;でも、これからもやっちゃうと思うんですが大目に…見守っててください(^_^ゞ
  1. 2015/04/15(水) 15:19:11
  2. URL
  3. ちえまる #1.EbxbXM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/tb.php/234-b9fdc18f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# プロフィール

ちえまる

Author:ちえまる
(前はユーカリというHNでした。今はtwitter名に合わせてちえまるとしてますが、どちらで呼んでいただいても構いません)

●『秘密』の薪さんが好きで作ったブログです。非公式に個人で運営中。

●二次創作、イラスト、感想、レポート、雑記…等々。

リンクフリーです。
リンクは 
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/
にお願いします。

拍手コメントのお返事はコチラ 鍵拍手コメントのお返事は記事のコメント欄に。

●コメント欄は、非公開コメントを受け付けてません。公開コメントのみ。非公開の方は拍手鍵コメにてお願いいたします。

●こんな運営ですが、拍手やコメントありがとうございます!

●清水作品は『ミルキーウェイ』から。ジャック&エレナシリーズも好き♪
 

# 最新記事

# 月別アーカイブ

    MONTHLY

# 主張


# カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。