清水玲子先生が好きで作った非公式ブログです。 現在は『秘密-THE TOP SECRET-』を中心に。

# オールバックと泣きむしガンマン

# スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:ぢえばるさぁん(泣)

深夜にアップ、お疲れ様でした。

私も腐ったレビューを書きました、が。
ぶっちゃけ実際「近寄るな」のシーンで胸がギューてなって苦しかったぁん…
二人が、あんなに想い合ってる二人が可哀想でたまらんです。
でもでも私なら覚悟する!!覚悟あればいーんすね!?生ぬるくないッス!!薪さん命懸けで愛してる!!ハアハア

あーもうヘタレワンコ…

ちえまるさんの言う通り、次回浮き上がるための前フリだと思いたいです。
しかしラスト、青木がどうなったのかちょっと気になる…あんだけタジクにぶっちゃけられて無事に帰って来れるのかい?
無事だとしても、薪さん捌かれる妄想してたし、アレきっかけで奮起してくんないかな。
俺だって守るー!!って。
次がクライマックス、なんですかね~( ;∀;)
  1. 2014/10/29(水) 22:16:27
  2. URL
  3. なみたろ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: ぢえばるさぁん(泣)

な び だ ろ う さ ぁ ん (´;ω;`) ブワっ!

私もよーやく落ち着いて、なみたろうさんのブログとか皆さんのとこ読んで

改めてギューッて苦しくなりましてん…・゜・(つД`)・゜・
「僕の側に 近よるな 二度と」のシーン…
あれが、手紙の返事だとしたら…うえーーーーーーーーん(´;ω;`)

でもでも、薪さんのアレって、逆だと思うんだけどなーーーー!!!!側に行っちゃえよワンコ!!
やっぱ壮絶な過去を背負ってる薪さんだからさ…難しいのよきっと。

タジクって若かりしころはあんなにイケメンの美青年だったのに、あんな目つきに育って残念です…;いやいまもイケメンだけど;青木、まさに「へびににらまれたカエル」状態でしたね…タジクの前では。髪型だけはあんな似てんのに。

はぁぁぁ、青木の猛烈なリベンジに期待します!第九編でも「急に」大活躍するってシーン、多々ありましたもんね^^

そうか…あと、2話くらいで終了となると…次が山場っぽいですね。タジク決戦の感じだったし。
はぁぁぁぁぁ、まさかこのままヘタレ青木で終わることは無いと思うけど、願わくば青薪のイイ感じの終わり方を期待したいですよね~~~~~~~頼むよ清水先生~~~~~~~~~~~~~~(;´Д`)
  1. 2014/10/30(木) 23:25:58
  2. URL
  3. ちえまる #jO6w95N2
  4. [ 編集 ]

[title]:

こんばんは
久しぶりに事件の内容に考えさせられました
学校にも行けず工場で働く子供たち
食に対する考えだけでそこ迄思い付きませんでした
毎日が生き抜く為の戦い(だった)の彼らに比べたら私達なんてあまっちょろいですね

環境もそうですが
日本人の気質もあると思います
大陸の国々のように領地、民族同士の争いなどの経験がない
危機感、愛国心、自分たちの種を守ろうとする強い心に欠けているなと感じます

どちらにしろタジクの知能・情熱には負けますが
青木には相手の心に寄り添って理解しようとする能力がある
巧く言えませんが
青木らしいやり方でヘタレ挽回すると信じてます(^^)

本当にいつもの事ながら考えさせられますね
魅力なんですけど
苦しくもあります…(´Д`)

  1. 2014/12/10(水) 00:41:41
  2. URL
  3. Misa #-
  4. [ 編集 ]

[title]:キャー!!Misaさんコメントありがとうございます^^

こんばんわ♪
お返事、暑苦しく長いものになりましたので、勝手ながら記事にさせていただきました。よろしければお時間あるときにでもごらんください^^
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/blog-entry-217.html
  1. 2014/12/12(金) 23:52:47
  2. URL
  3. ちえまる #jO6w95N2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/tb.php/213-2991048b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# MELODY 12月号 読んだ!

MERODY2014_12月号

深夜になって、ようやく読むことが出来ました



以下、ネタばれを含みます。





はぁあああああ~~~~っ 表紙…中も…美しいっ 薪すぁん…

だがしかしっ

青木~~~~~~っ

青木があんまりにもドジっコで、流石に凹みましたわ

いやもちろん、このあと大逆転で見事な成長をするだろうから(期待)これだけダメっぷりに描かれてるんだろうけど…

第九編でのあの成長っぷりはナンだったんだろうくらいにヘタレっぷり全開に描かれると…
え~第九編って青木の成長物語じゃなかったんですか~みたいな…

もしかしてあれだろうか、ヱヴァンゲリオンのシンジくんのよーに、シリーズで成長するけど、新シリーズが始まるたびにグズグズに戻ってるってパターンだろうか…

あ~でも、薪さんの求めるものも高いからな~

しかし青木も、グズグズ考えてるし…私情に流されて公私混同だし(それ、薪さんが一番嫌がるヤツ━ッ

まぁでも、薪さんだって…

大統領より 青木が毒食って死ぬのを一番最初に心配してたからな…

でも薪さんはそれを表に(仕事に)出さないからな━ッ
前はよく出してたけど(岡部とかにバレバレだったけど)

今の所長薪さんだと、やっぱ強ぇえ

青木に説教してる薪さんかっけぇ…(青木マジへこんでてかわいそう)
でも、誰だって経験してると思うけど、怒ってくれる上司って一番優しい上司だよねぇ(だいたい)

青木、ガンバ


そんで、この事件奥が深い…

私、会社員時代によく、中国の工場に校正(工場で直接オッケーを出す手続き)をしにいってたんですよ。
そしたらその、工場で働いてる、工員さんが小さい女の子だったんですね。
で、どーみても小学生だったから、工場長に「平日の昼間っから働いていて、学校へは行ってないんですか?」と聞いたら、笑ってはぐらかされたので

女の子本人に聞いてみたら、「学校は、兄(弟?)が行ってる」と答えられて、ショックを受けたのを覚えています。
ああああ…2人目以降の子どもだから(もしくは、家を継げない女児だから)働いているんだ…と。
で、外に出たら「待機」してる子どもたちがまだワンサカといたんですよ。働かせて欲しいって。順番待ちしてたくらいなんですね。

今は中国もお金持ちだから、そんなのあんまり無いだろうけど…ほんの10年やそれくらい前で、そんなだったんですよ。地方だったらまだこんな感じかも知れないですよね。

私は別に、メイドインチャイナを悪いとか思ってないし、日本製にこだわってもいないですが、こーゆー話(子どもが工場で働かされている実態)を思い出すととても辛かったです。今もちょっと…あります。オモチャとか買うとき、「これ作った工場って…大丈夫だろうな…」とか考えちゃいます。

なので、タジクと妹が工場で働いてるシーンはすごくグワーッと、全く関係ないのに自分自身に加害者意識が芽生えました。

まぁ本筋とズレましたが、このタジクにはこんな背景があって、しかも大国の傲慢に翻弄された歴史的過去もひっくるめて、タジクが決着をつけようとしているのだから…

日本で平和に育った(そうでもないんだけど)お坊ちゃん育ち(タジク目線では)の青木なんて

イチコロじゃないかって思わされるものがありますね。




また、これも全然関係ないですけど

私って相撲よく見るんですけど(推し力士は、「稀勢の里」ですっ)それって、力士目指してた友だちの影響なんですね。
彼がすごく相撲詳しくて、話聞いてるだけで面白かったんで。

でも彼は(日本人なんだけど)「モンゴル人には到底適わない」「全く相手になれない」とよく言ってました。

なんでかっていうと、「だって俺がマックでハンバーガーとか食ってた子ども時代、あいつら家畜の生き血とか飲んで育ってんですよ、もう全く身体のつくりが違いますもん」「勝てる気がしねぇっす」とか言ってました。

まぁもちろん、モンゴル人がすべてこうではないでしょうが
なんかその、大陸の人特有のパワーってあるような気がしますね。
まさにその、「勝てる気がしねぇ」って感じ。(実際、タジク少年も家畜を殺して食べてましたから…)

タジクなんかその、パワーに加えて「積年の恨み」までこもってますから…
病気に苦しめられ続けた、民族の恨みが…

うおお、勝てる気がしねぇ

だけどそれでも、ガンバレ青木

日本人である「稀勢の里」だって、モンゴル出身の大横綱「白鵬」に、勝ったことがあるじゃないの(超まぐれって言われてたけど

いやでも、これは…大統領を守れても、タジクをやっつけられても、なんかイロイロ残る…
「秘密」特有の、考えさせられる事件ですね。

続きが楽しみです

とりあえず初読の感想でした。

あ、手紙については…

青木の言ってるとおり、私も残念な解釈しか出来ないので

なんか、「こうだったらイイな…」って希望が見えたらまた書きたいと思います。

コメント

[title]:ぢえばるさぁん(泣)

深夜にアップ、お疲れ様でした。

私も腐ったレビューを書きました、が。
ぶっちゃけ実際「近寄るな」のシーンで胸がギューてなって苦しかったぁん…
二人が、あんなに想い合ってる二人が可哀想でたまらんです。
でもでも私なら覚悟する!!覚悟あればいーんすね!?生ぬるくないッス!!薪さん命懸けで愛してる!!ハアハア

あーもうヘタレワンコ…

ちえまるさんの言う通り、次回浮き上がるための前フリだと思いたいです。
しかしラスト、青木がどうなったのかちょっと気になる…あんだけタジクにぶっちゃけられて無事に帰って来れるのかい?
無事だとしても、薪さん捌かれる妄想してたし、アレきっかけで奮起してくんないかな。
俺だって守るー!!って。
次がクライマックス、なんですかね~( ;∀;)
  1. 2014/10/29(水) 22:16:27
  2. URL
  3. なみたろ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: ぢえばるさぁん(泣)

な び だ ろ う さ ぁ ん (´;ω;`) ブワっ!

私もよーやく落ち着いて、なみたろうさんのブログとか皆さんのとこ読んで

改めてギューッて苦しくなりましてん…・゜・(つД`)・゜・
「僕の側に 近よるな 二度と」のシーン…
あれが、手紙の返事だとしたら…うえーーーーーーーーん(´;ω;`)

でもでも、薪さんのアレって、逆だと思うんだけどなーーーー!!!!側に行っちゃえよワンコ!!
やっぱ壮絶な過去を背負ってる薪さんだからさ…難しいのよきっと。

タジクって若かりしころはあんなにイケメンの美青年だったのに、あんな目つきに育って残念です…;いやいまもイケメンだけど;青木、まさに「へびににらまれたカエル」状態でしたね…タジクの前では。髪型だけはあんな似てんのに。

はぁぁぁ、青木の猛烈なリベンジに期待します!第九編でも「急に」大活躍するってシーン、多々ありましたもんね^^

そうか…あと、2話くらいで終了となると…次が山場っぽいですね。タジク決戦の感じだったし。
はぁぁぁぁぁ、まさかこのままヘタレ青木で終わることは無いと思うけど、願わくば青薪のイイ感じの終わり方を期待したいですよね~~~~~~~頼むよ清水先生~~~~~~~~~~~~~~(;´Д`)
  1. 2014/10/30(木) 23:25:58
  2. URL
  3. ちえまる #jO6w95N2
  4. [ 編集 ]

[title]:

こんばんは
久しぶりに事件の内容に考えさせられました
学校にも行けず工場で働く子供たち
食に対する考えだけでそこ迄思い付きませんでした
毎日が生き抜く為の戦い(だった)の彼らに比べたら私達なんてあまっちょろいですね

環境もそうですが
日本人の気質もあると思います
大陸の国々のように領地、民族同士の争いなどの経験がない
危機感、愛国心、自分たちの種を守ろうとする強い心に欠けているなと感じます

どちらにしろタジクの知能・情熱には負けますが
青木には相手の心に寄り添って理解しようとする能力がある
巧く言えませんが
青木らしいやり方でヘタレ挽回すると信じてます(^^)

本当にいつもの事ながら考えさせられますね
魅力なんですけど
苦しくもあります…(´Д`)

  1. 2014/12/10(水) 00:41:41
  2. URL
  3. Misa #-
  4. [ 編集 ]

[title]:キャー!!Misaさんコメントありがとうございます^^

こんばんわ♪
お返事、暑苦しく長いものになりましたので、勝手ながら記事にさせていただきました。よろしければお時間あるときにでもごらんください^^
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/blog-entry-217.html
  1. 2014/12/12(金) 23:52:47
  2. URL
  3. ちえまる #jO6w95N2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/tb.php/213-2991048b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# プロフィール

ちえまる

Author:ちえまる
(前はユーカリというHNでした。今はtwitter名に合わせてちえまるとしてますが、どちらで呼んでいただいても構いません)

●『秘密』の薪さんが好きで作ったブログです。非公式に個人で運営中。

●二次創作、イラスト、感想、レポート、雑記…等々。

リンクフリーです。
リンクは 
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/
にお願いします。

拍手コメントのお返事はコチラ 鍵拍手コメントのお返事は記事のコメント欄に。

●コメント欄は、非公開コメントを受け付けてません。公開コメントのみ。非公開の方は拍手鍵コメにてお願いいたします。

●こんな運営ですが、拍手やコメントありがとうございます!

●清水作品は『ミルキーウェイ』から。ジャック&エレナシリーズも好き♪
 

# 最新記事

# 月別アーカイブ

    MONTHLY

# 主張


# カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。