清水玲子先生が好きで作った非公式ブログです。 現在は『秘密-THE TOP SECRET-』を中心に。

# オールバックと泣きむしガンマン

# スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:

こんにちは☆ギャー!カワイイ(≧▽≦)鈴木さんと二人で食べて欲しいな。完成、楽しみにしてます(^^)

芸人さんのたとえが一番わかりやすいですね。やっぱり、新作を楽しんで欲しいでしょうね。前作が評判良かったらそれ以上に面白い作品にしなくては・・とかプレッシャーもあるかもしれないし。私も清水先生が薪さん以外のキャラで新作を描かれても今以上には嵌れないと思うし・・でも、清水先生には新たな境地で様々な作品に挑んで欲しいとも思います。秘密世界を描ききったら・・もう、見れなくなった今こそ、二次創作であおまきを楽しんでもいいんじゃないでしょうか。
  1. 2012/11/14(水) 14:14:17
  2. URL
  3. あや #vRmW4kGc
  4. [ 編集 ]

[title]:あやさんコメントありがとうq(^-^q)

ギャーv-10「カワイイ」いただきましたっ。ありがとうございますv-415
ジェラートなんて女子力の高いスイーツを召し上がってる薪さんですが、それでもあえて『男らしく』をモットーに描いてみましたv-91

芸人さんは、個人的に普段から関わることが多いので…v-408例えに使わせて頂きました。例えっていうか、実話なんですが。

私は昔、『WAGE』という5人組コントグループが大好きでして。ちょっと劇団っぽいけどお笑いっていう、あれ系の始祖みたいなグループでした。メンバーは「森迅史サン、野中淳サン、岩崎宇内サン、槙尾祐介サン、小島義雄サン」
その『WAGE』が解散するとき本当に悲しくてv-406 解散する直前、最後の単独ライブに行ったんですが、その単独ライブがもう…私が今までの人生で見て来たお笑いライブの中でもダントツ1位ってくらい面白かったし感動の域に達してました。

『WAGE』解散後、森サンと野中サンは制作サイドに。小島よしおサンはピン芸人にw そして岩崎サンと槙尾サンは「かもめんたる」というコンビを組まれました。

その槙尾サンにお会いしたとき、「WAGEの最後の単独が、人生で最高のお笑いライブだった。ぜひ映像化して欲しい」みたいなことを語ったんです。そしたら「かもめんたるの単独の方がもっと面白いんで、見に来てください」と言われました。
それで、あ、そうか…まだまだ現役の芸人さんに失礼なこと言っちゃったな…v-404と反省したものです。

それから1年後、かもめんたるはキングオブコントの決勝の舞台に立っていて。ちょっとジーンとしたのを覚えています。
槙尾サンなんてもう、30代だし、別に「いきがってる若手」とかじゃないんですよ。それでもこういうことを当たり前のように言うし、やり遂げるのです。現役で走るってことは本当に、それくらいのテンションじゃなきゃなぁ~って思います。

スポーツ選手と一緒で、「現状が最高」じゃなくなったら、引退しなきゃなんないって思うんじゃないでしょうか。

>私も清水先生が薪さん以外のキャラで新作を描かれても今以上には嵌れないと思うし・・
たぶんそれ、大丈夫ですv-408 私も「ジャックとエレナシリーズが終わったら、きっともうあれ以上にハマることは無いだろう」と思っていたのが、まんまとハマリまくってますから(^ω^;)結局あの、同じ系統になるんですよね、キャラ設定が。
漫画の場合、ストーリーにハマるというよりは、「キャラの魅力にハマる」じゃないですか。魅力的なキャラを作られる方には、同じように何度でもやられちゃうんですよね…きっと。

>もう、見れなくなった今こそ、二次創作であおまきを楽しんでもいいんじゃないでしょうか。
本当にその通りですよね!割り切って、各自で楽しんでいけばよいと思います。

なにもわざわざ「過去編は楽しめない」とか「青木との未来編だったら楽しめる」とか、(どんだけ上から目線なのか;)「(過去編が)始まっちゃった」とか。
そんなこと表現する必要も無いし。いや、思う分には勝手でしょうけど、表に出すなって思うんですね。清水先生に寄生してる分際で。そんなスタンスだったら2chとか行けばいいのにv-388って思ってしまいます。

こういう見解がなんとなく許されて、拡まっていくのはすごく嫌だな~と思うので、こんな記事を書いてみました。(もともと、ウジウジするのが好きじゃ無いのもあります)

うおっと、毒を吐きすぎてしまいましたv-408
とにかく、こんな記事にコメントありがとうございましたv-352またのコメントお待ちしておりま~すv-421

  1. 2012/11/14(水) 22:26:21
  2. URL
  3. ユーカリ #/FuI5loQ
  4. [ 編集 ]

[title]:

こんにちは☆

うふふ~。薪さん可愛い!ですね!(≧▽≦)
原作がハードだっただけに、こんなラフな雰囲気の薪さんのお姿が見られること、嬉しいです(〃▽〃)

ユーカリさんのおっしゃること、もっともだと思います。
コメ欄も拝見しましたが、その芸人さんがおっしゃることも分かります。
「今現在の自分」に誇りを持ってらっしゃるから、そういうことが言えるのですよね、素敵です☆

私の場合は、以前好きだった俳優さんのことを思い出しました。
その方は特撮系出身で、別の特撮出身俳優さんの中には、特撮系に出演していた履歴を自分のプロフから外している方もいらっしゃることから、「あの〇〇ライダー出身の、とか、あの役が良かったとか、今でも言われることについてどう思いますか?(いつまでもそんなこと言われて嫌じゃないですか?という意味)」と聞かれた時、即、「嬉しいです!」と、お世辞でも無理してという感じでもなく、言い切ってました。
「あの役があったから今の僕があるし、何年も経っても、その役をいつまでも愛してくれる人が居る、たとえ僕自身がその役を忘れたとしても、忘れないで愛し続けてくれる人が居るなら、あるいは、時を経てもDVD等で新たに好きになってくれる人が居るとしたら、役者として本望です」とおっしゃってました。

もちろん、芸人さんも、俳優さんも、漫画家さんも、最新作に常に全力投球して、自分の中でいつも最新の物が自己最高という意気込みで作り上げてらっしゃるとは思いますが。

なので、未だに「竜の眠る星」に魅せられた印象が一番強いという人も、「月の子」が一番好きというファンも、やっぱり「輝夜姫」を超える作品は無いという読者も、「秘密・第九編」を忘れないという人も、そしてもちろん、最新作を一番に楽しんでいる人達のことも、清水先生は、自分が生んだ作品を愛してくれる人として、平等に、喜んで下さるのではないかと思います。

萩尾先生の作品が、初期作品から最新作まで、常に新たなファンを獲得し、その都度繰り返し繰り返し熱く語られる…そんな風に、清水先生も、最新作はもちろん、過去作品も繰り返し新たなファンを獲得してはいつまでも語り続けられる…そんな存在になっていかれると思います(^^)

ともあれ、雑誌派の私達にとっては「ジェネシス」の連載が楽しみですが、コミック派にとっては最新は「秘密」12巻なわけですから、「ジェネシス」の1巻が出るまでは、まだまだ「第九編」についてあちこちで最新作として語られることでしょうね☆
  1. 2012/12/05(水) 17:39:06
  2. URL
  3. かのん #amXlFcx2
  4. [ 編集 ]

[title]:かのんさんコメントありがとうございます!

こんにちは!この記事もコメントも、今に読むと恥ずかしいですがこのようなありがたいコメントいただけてうれしいですv-408
イラストもごらん頂き、ありがとうございますv-402薪さんほどスイーツの似合う男子学生はいなかったんじゃないかと思います!まぁ、薪さんだったらドラ焼き好きでもずんだ餅好きでもカワイイと思うんですけど!

かのんさんの以前お好きだった俳優さんのお話、とっても解ります。過去の作品の上に自分が成り立ってる誇りというか、感謝は持ち続けるべきだと思いますv-352

この記事では「表現者」とひとくくりにしちゃってますが、表現にもさまざまですし…ミュージシャンなんかだと昔のヒット曲をずっと歌い続けるわけですから、今のしか見て欲しくないってことはないし、過去の作品を認められることも精神的支えになり続けると思うんですv-341v-342

それは解っていながらも、このような毒を吐いてしまったのはv-404
なんといいますか…こんなオタクブログやってる人たちって、自分の好きなものへの「想い」が強すぎて、
周りが見えなくなってたり、配慮にかけたり、しちゃうこともあるんだなぁとか考えてしまって。

もちろん、自分も人のこといえないし、自戒の意味で書いてますが。

特に秘密ファンって年齢いってるからv-356(完成された大人だから)好きなものへのブレが無いといえば良いんですが、ブレが無いことが「頑固」でもあったりして、汎用性が無いとも思えるんです。好きなもの以外を絶対に認めない傾向もあると思うし。(実際、雪子が絶対ヤダって人も多いですし)

オバサンってほら…頑固じゃないですか?(子育ては母乳じゃなきゃダメよ!って言われると「うるさいっ!」って思っちゃいます私は母乳ミルク併用だからv-402

もちろん、好きなものを好きというのは自由ですが、他を否定的に言って欲しくないなぁと。「前のが良かったよね」とか、萎えるじゃないかと。「青薪じゃないとついていけない」「第九編じゃないと、ちょっとな~」とか、そういう発言でも悲しいのですね~私はv-406

もちろん「自分のブログだから何か書いたっていいでしょ」っていうのはあるんですが、
自分が一人でやってる子育てブログとか趣味のブログだったらそうでも、一応、清水先生という実在の方を巻き込んでやってるわけですから…「何を書いてもいい」っていうことは無いと思います。あまり現状否定的なこと書いて欲しくないし、それが何となく許されて広まってく感じがヤダナ~って思いました。

「新連載(ジェネシス)のジャマしないでよっ」って思っちゃう。
腐的には「鈴薪のジャマしないでよっ」って(笑)

女子高生がやってるジャニーズファンサイトならまだしも、秘密ブログはだいたい、いい歳した大人がやってて、しかも人の親だったりするわけじゃないですか。なんか、いちおう、配慮があって欲しかったんです~

普通に、純粋に「第九編がいい!」「青薪がいい!」って愛でるのはものすごくいいと思うし私も好きなんです~v-10
とにかく、過去への執着のあまりに、今を否定的に言ってほしくない、というのがものすごく強く出たのがこの記事、コメントでありました。

今は少し落ち着いて、自分こそ頑固じゃねーかv-399みたいになってて、

ジェネシスや鈴薪を否定的に言う人には「言わせておけばいいや」「むしろ、自分が関わりあわなくて済む相手が判別できてよかった」と思うようになりました。少しの間、ネ落ちしたのも良かったと思います。

とにかく、第九編もまだまだ(二次創作などで)楽しめそうですし、雑誌派としてはこれからも隔月でジェネシスを楽しめる…!ありがたくて、嬉しいですねv-290本当に、幸せですv-22
  1. 2012/12/07(金) 12:18:05
  2. URL
  3. ユーカリ(ちえまる) #jO6w95N2
  4. [ 編集 ]

[title]:

丁寧なお返事、ありがとうございました。

そうですね。
ユーカリさんも、清水先生の作品を愛しているからこそ、こういったお言葉が出るんですよね(^^)
こちらを訪問して記事を読む方々にも、そのお気持ちは通じると思います。

(ちなみに、雪子については私も「駄目」派の一人です。彼女も清水先生の描くキャラの一人なんだから、好きになれなくてもせめて理解したいと、彼女の行動に自分に納得のいく説明を付けようと長らく努力したつもりですが、どうしても理解出来ませんでした。これがもし「頑固」だと言われる物だとしても…仕方ないなあ…と思います^^;)

ただ、例えば、「第九編」を連載している頃、鈴薪を愛する方々の、「薪さんが幸せになるなら、今は亡き鈴木さんだって喜んでくれるって、頭では分かっていても、青薪が良い雰囲気になると素直に喜べない」「鈴木さんにはもう薪さんとこんな幸せな時間を作れないと思うと、悲しくて読めない」といった記事を、あちこちで見かけました。

そんな方々に、「でも今は青薪の関係を清水先生は描いているのだから、今の作品を読んで楽しみなさい」なんてとても言えないと思うんです。
私は基本は「あおまきすと」ですが、「すずまきすと」な部分もあるので、多少は気持ちが分かるつもりで、こういった記事を書く方々の心境を思うと、辛いだろうなあと、私自身は青薪の関係が進展すると単純に嬉しいけれど、それが辛くて読めない人も居るんだなあと、その方々の気持ちを思い、私も胸が痛みました。

今は、それと逆の状況だと思うんですね。

鈴薪を愛する方々が、長く辛い思いをしてきたように。
今度は、青薪を愛する方々が、寂しい思いをしている。

「第九編」の頃、「今の状況を見ているのは辛い」「もっと鈴木さんに出てきて欲しい」「過去編を描いて欲しい」と、すずまきすとさん達が願っていたことも。
今は、「もっと青薪が見たい」「第九メンバーを見たい」「新作を楽しむような気持ちにはなれない」と、あおまきすとさん達が想いを引きずることも。

どちらも、「秘密」を愛する、「秘密」のキャラクターを愛する気持ちから生まれる言葉であり、本人の辛い気持ちや寂しい想いを考えれば、他人が責められないんじゃないかと、個人的には思うんですね。

私は幸い「第九編」も「ジェネシス」もどちらも楽しめる立場にありますが。
「ジェネシス」を楽しみながら、「第九編」への熱い想いも、まだまだ語っていきたいと思っております。

最近、コミックで「秘密」を読んでハマったばかりという方とツイッターでお話しさせていただいているのですが、私が4年半前に「秘密」にハマった当時の気持ちを思い起こさせてくれて、本当に楽しいんです。
「ハマったばかりなのに終わっちゃって寂しい」「もっと青薪の未来が見たい」っておっしゃってる、その言葉は、ハマったばかりの情熱に溢れていて、微笑ましく思えます。

「第九編は辛かったけれどジェネシスは好き」「第九編が好きでジェネシスにはハマれない」どちらの方も、「秘密」が好きということには変わりはないわけで、私自身は、どちらも排除したくないなと思うんですね。

清水先生に届くお手紙の中に、「月の子のアートとジミーのその後が見たいです」とか、「ジャックとエレナシリーズを是非また描いて下さい」といったものが、未だにあったりしたら、清水先生は、そのリクエストに応えることは出来なくても、その読者の気持ち自体は嬉しく思ってくれるんじゃないかなと、勝手に思っております。

ともあれ、ユーカリさんの、「第九編で燃焼しきった人も、ジェネシスも食わず嫌いにならず是非楽しんで!」という想いは伝わると思います!

「ジェネシス」も、始まってまだたったの1回ですから。
これから段々と気持ちを切り替え、新作の面白さに魅かれる人もきっと増えていくと思いますし、そうなると良いですね(^^)
  1. 2012/12/09(日) 02:33:40
  2. URL
  3. かのん #amXlFcx2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/tb.php/136-9ebd6550
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# スイーツ男子(と、雑記を長々と…)

ちょう今さらだけど
薪さんジェラート好きって可愛いすぎん!?

gelato

というわけで、ジェラート食べてる薪さんを殴り描きしてます。色塗って仕上げたらまたアップします~



以下、イラストとは全く関係無いことで
最近なんとなく思ってるヒトリゴトなのです…
無駄に長いのですがよろしければお付き合い下さい~




「第九編」への未練について。

私は「青薪」を書きたくてブログを作ったし「青薪」がこのブログの原点です。
そして第九編が終わった今となっては、ジェネシスを楽しみにしています。

「第九編」が惜しいとか「青薪が原作で見られなくて残念!」という思いは
実はとっても強く抱いていますが、私はあんまり…
『すねちゃってる感じ』を出したく無いので、表立って書いてないだけです。逆に『ジェネシスが楽しみ!』って感じをめっちゃ出してます。

もちろん自分のブログなので、無理する必要なんかないし
すねようが、いじけようが構わないと思います。

しかし私の場合…
清水玲子先生という方を、一人の人間、一人の作家さん、一人のクリエーターとして尊重しちゃっているので
(もちろん知りあいでも無いし、清水先生がここを読むとも思えないのですが)

あまり迷惑になるようなことを表現したくないと、心の深い所で意識してるんだと思います。

影響がある無しに関わらず、いちおう、他人に向けて文章を書いてる(語りかけてる)以上、悪口を書いたら自分的に気まずいっていう感覚です。
悪口っていうと大げさですが…
(第一、あんなレポートとか書いてていまさらこんな正統派なこと書くのもなんですが)(レポートとの違い、微妙なニュアンスの違いなんですけど、ご理解いただけたらと思います)

清水先生は一応…一応じゃないよ、超バリバリに現役の作家さんです。
なので、最新の作品が最高の作品、の、つもりで出されてると思います。

クリエーターは誰だって、そうだと思います。最新が全力、最新が最高。

私でも、過去の仕事をほめられるのは…もちろん嬉しいけど、それよりは今の仕事見て欲しいって思うし。

芸人さんでも、昔のネタを良かったと言っても「今の方がもっと面白いから見に来て」って返されるだけです。

清水先生は、ジャックとエレナとかキャラに思い入れがある方のようなので、その辺どうなのかなって思ったけど

前に読書会で「清水先生が一番気に入ってる作品は?」と訊ねられたとき
「今はやっぱり『秘密』を描き終えたばっかりなので『秘密』です」と即答されたので

ああ、そこはやっぱり(クリエーターとして)普通なんだと思いました。

「今は」「『秘密』です」っていう…当たり前でしょう?って感もあったし、
「今は」ってことは来年にはジェネシスになってるかもしれないし、10年後にはそのときの最新作が一番になってるのでしょう。

なので、あんまり「第九編が良かったよ第九編が見たいよ」って言いたくないのです。

そう思われることが、現役のクリエーターにとって足かせになるの、とってもとっても解るからです。



もちろん、言って描いてくれるんだったらいくらでも言いたいのですが

清水先生ご自身が、10年以上にわたって「青木と薪」を描いて下さって
しかもハッピーエンドで終わらせてくれて

あれだけ「青木と薪」は描ききった感を出されてて

「もう描きたくない」とまでおっしゃってて

それなのに「もっと青木と薪の未来編を見たい」とか言うの鬼だろwとか思う…

なので、青木と薪は、もう、二次創作でいい!と割り切ってます。
原作は原作で、ジェネシスを楽しもう!!ってすごく強く思ってます。

それは両立できると思っています。

長くなってしまったけど、ここまで読んで下さってありがとうございました。



第九編に未練たらたらの方でも、ジェネシスを楽しみながらまだまだ『秘密』を楽しんでいけますように♪って本当に思ったので…
なまいき言ってごめん私まだアホが治ってないから許してね(´・ω・`)

 

コメント

[title]:

こんにちは☆ギャー!カワイイ(≧▽≦)鈴木さんと二人で食べて欲しいな。完成、楽しみにしてます(^^)

芸人さんのたとえが一番わかりやすいですね。やっぱり、新作を楽しんで欲しいでしょうね。前作が評判良かったらそれ以上に面白い作品にしなくては・・とかプレッシャーもあるかもしれないし。私も清水先生が薪さん以外のキャラで新作を描かれても今以上には嵌れないと思うし・・でも、清水先生には新たな境地で様々な作品に挑んで欲しいとも思います。秘密世界を描ききったら・・もう、見れなくなった今こそ、二次創作であおまきを楽しんでもいいんじゃないでしょうか。
  1. 2012/11/14(水) 14:14:17
  2. URL
  3. あや #vRmW4kGc
  4. [ 編集 ]

[title]:あやさんコメントありがとうq(^-^q)

ギャーv-10「カワイイ」いただきましたっ。ありがとうございますv-415
ジェラートなんて女子力の高いスイーツを召し上がってる薪さんですが、それでもあえて『男らしく』をモットーに描いてみましたv-91

芸人さんは、個人的に普段から関わることが多いので…v-408例えに使わせて頂きました。例えっていうか、実話なんですが。

私は昔、『WAGE』という5人組コントグループが大好きでして。ちょっと劇団っぽいけどお笑いっていう、あれ系の始祖みたいなグループでした。メンバーは「森迅史サン、野中淳サン、岩崎宇内サン、槙尾祐介サン、小島義雄サン」
その『WAGE』が解散するとき本当に悲しくてv-406 解散する直前、最後の単独ライブに行ったんですが、その単独ライブがもう…私が今までの人生で見て来たお笑いライブの中でもダントツ1位ってくらい面白かったし感動の域に達してました。

『WAGE』解散後、森サンと野中サンは制作サイドに。小島よしおサンはピン芸人にw そして岩崎サンと槙尾サンは「かもめんたる」というコンビを組まれました。

その槙尾サンにお会いしたとき、「WAGEの最後の単独が、人生で最高のお笑いライブだった。ぜひ映像化して欲しい」みたいなことを語ったんです。そしたら「かもめんたるの単独の方がもっと面白いんで、見に来てください」と言われました。
それで、あ、そうか…まだまだ現役の芸人さんに失礼なこと言っちゃったな…v-404と反省したものです。

それから1年後、かもめんたるはキングオブコントの決勝の舞台に立っていて。ちょっとジーンとしたのを覚えています。
槙尾サンなんてもう、30代だし、別に「いきがってる若手」とかじゃないんですよ。それでもこういうことを当たり前のように言うし、やり遂げるのです。現役で走るってことは本当に、それくらいのテンションじゃなきゃなぁ~って思います。

スポーツ選手と一緒で、「現状が最高」じゃなくなったら、引退しなきゃなんないって思うんじゃないでしょうか。

>私も清水先生が薪さん以外のキャラで新作を描かれても今以上には嵌れないと思うし・・
たぶんそれ、大丈夫ですv-408 私も「ジャックとエレナシリーズが終わったら、きっともうあれ以上にハマることは無いだろう」と思っていたのが、まんまとハマリまくってますから(^ω^;)結局あの、同じ系統になるんですよね、キャラ設定が。
漫画の場合、ストーリーにハマるというよりは、「キャラの魅力にハマる」じゃないですか。魅力的なキャラを作られる方には、同じように何度でもやられちゃうんですよね…きっと。

>もう、見れなくなった今こそ、二次創作であおまきを楽しんでもいいんじゃないでしょうか。
本当にその通りですよね!割り切って、各自で楽しんでいけばよいと思います。

なにもわざわざ「過去編は楽しめない」とか「青木との未来編だったら楽しめる」とか、(どんだけ上から目線なのか;)「(過去編が)始まっちゃった」とか。
そんなこと表現する必要も無いし。いや、思う分には勝手でしょうけど、表に出すなって思うんですね。清水先生に寄生してる分際で。そんなスタンスだったら2chとか行けばいいのにv-388って思ってしまいます。

こういう見解がなんとなく許されて、拡まっていくのはすごく嫌だな~と思うので、こんな記事を書いてみました。(もともと、ウジウジするのが好きじゃ無いのもあります)

うおっと、毒を吐きすぎてしまいましたv-408
とにかく、こんな記事にコメントありがとうございましたv-352またのコメントお待ちしておりま~すv-421

  1. 2012/11/14(水) 22:26:21
  2. URL
  3. ユーカリ #/FuI5loQ
  4. [ 編集 ]

[title]:

こんにちは☆

うふふ~。薪さん可愛い!ですね!(≧▽≦)
原作がハードだっただけに、こんなラフな雰囲気の薪さんのお姿が見られること、嬉しいです(〃▽〃)

ユーカリさんのおっしゃること、もっともだと思います。
コメ欄も拝見しましたが、その芸人さんがおっしゃることも分かります。
「今現在の自分」に誇りを持ってらっしゃるから、そういうことが言えるのですよね、素敵です☆

私の場合は、以前好きだった俳優さんのことを思い出しました。
その方は特撮系出身で、別の特撮出身俳優さんの中には、特撮系に出演していた履歴を自分のプロフから外している方もいらっしゃることから、「あの〇〇ライダー出身の、とか、あの役が良かったとか、今でも言われることについてどう思いますか?(いつまでもそんなこと言われて嫌じゃないですか?という意味)」と聞かれた時、即、「嬉しいです!」と、お世辞でも無理してという感じでもなく、言い切ってました。
「あの役があったから今の僕があるし、何年も経っても、その役をいつまでも愛してくれる人が居る、たとえ僕自身がその役を忘れたとしても、忘れないで愛し続けてくれる人が居るなら、あるいは、時を経てもDVD等で新たに好きになってくれる人が居るとしたら、役者として本望です」とおっしゃってました。

もちろん、芸人さんも、俳優さんも、漫画家さんも、最新作に常に全力投球して、自分の中でいつも最新の物が自己最高という意気込みで作り上げてらっしゃるとは思いますが。

なので、未だに「竜の眠る星」に魅せられた印象が一番強いという人も、「月の子」が一番好きというファンも、やっぱり「輝夜姫」を超える作品は無いという読者も、「秘密・第九編」を忘れないという人も、そしてもちろん、最新作を一番に楽しんでいる人達のことも、清水先生は、自分が生んだ作品を愛してくれる人として、平等に、喜んで下さるのではないかと思います。

萩尾先生の作品が、初期作品から最新作まで、常に新たなファンを獲得し、その都度繰り返し繰り返し熱く語られる…そんな風に、清水先生も、最新作はもちろん、過去作品も繰り返し新たなファンを獲得してはいつまでも語り続けられる…そんな存在になっていかれると思います(^^)

ともあれ、雑誌派の私達にとっては「ジェネシス」の連載が楽しみですが、コミック派にとっては最新は「秘密」12巻なわけですから、「ジェネシス」の1巻が出るまでは、まだまだ「第九編」についてあちこちで最新作として語られることでしょうね☆
  1. 2012/12/05(水) 17:39:06
  2. URL
  3. かのん #amXlFcx2
  4. [ 編集 ]

[title]:かのんさんコメントありがとうございます!

こんにちは!この記事もコメントも、今に読むと恥ずかしいですがこのようなありがたいコメントいただけてうれしいですv-408
イラストもごらん頂き、ありがとうございますv-402薪さんほどスイーツの似合う男子学生はいなかったんじゃないかと思います!まぁ、薪さんだったらドラ焼き好きでもずんだ餅好きでもカワイイと思うんですけど!

かのんさんの以前お好きだった俳優さんのお話、とっても解ります。過去の作品の上に自分が成り立ってる誇りというか、感謝は持ち続けるべきだと思いますv-352

この記事では「表現者」とひとくくりにしちゃってますが、表現にもさまざまですし…ミュージシャンなんかだと昔のヒット曲をずっと歌い続けるわけですから、今のしか見て欲しくないってことはないし、過去の作品を認められることも精神的支えになり続けると思うんですv-341v-342

それは解っていながらも、このような毒を吐いてしまったのはv-404
なんといいますか…こんなオタクブログやってる人たちって、自分の好きなものへの「想い」が強すぎて、
周りが見えなくなってたり、配慮にかけたり、しちゃうこともあるんだなぁとか考えてしまって。

もちろん、自分も人のこといえないし、自戒の意味で書いてますが。

特に秘密ファンって年齢いってるからv-356(完成された大人だから)好きなものへのブレが無いといえば良いんですが、ブレが無いことが「頑固」でもあったりして、汎用性が無いとも思えるんです。好きなもの以外を絶対に認めない傾向もあると思うし。(実際、雪子が絶対ヤダって人も多いですし)

オバサンってほら…頑固じゃないですか?(子育ては母乳じゃなきゃダメよ!って言われると「うるさいっ!」って思っちゃいます私は母乳ミルク併用だからv-402

もちろん、好きなものを好きというのは自由ですが、他を否定的に言って欲しくないなぁと。「前のが良かったよね」とか、萎えるじゃないかと。「青薪じゃないとついていけない」「第九編じゃないと、ちょっとな~」とか、そういう発言でも悲しいのですね~私はv-406

もちろん「自分のブログだから何か書いたっていいでしょ」っていうのはあるんですが、
自分が一人でやってる子育てブログとか趣味のブログだったらそうでも、一応、清水先生という実在の方を巻き込んでやってるわけですから…「何を書いてもいい」っていうことは無いと思います。あまり現状否定的なこと書いて欲しくないし、それが何となく許されて広まってく感じがヤダナ~って思いました。

「新連載(ジェネシス)のジャマしないでよっ」って思っちゃう。
腐的には「鈴薪のジャマしないでよっ」って(笑)

女子高生がやってるジャニーズファンサイトならまだしも、秘密ブログはだいたい、いい歳した大人がやってて、しかも人の親だったりするわけじゃないですか。なんか、いちおう、配慮があって欲しかったんです~

普通に、純粋に「第九編がいい!」「青薪がいい!」って愛でるのはものすごくいいと思うし私も好きなんです~v-10
とにかく、過去への執着のあまりに、今を否定的に言ってほしくない、というのがものすごく強く出たのがこの記事、コメントでありました。

今は少し落ち着いて、自分こそ頑固じゃねーかv-399みたいになってて、

ジェネシスや鈴薪を否定的に言う人には「言わせておけばいいや」「むしろ、自分が関わりあわなくて済む相手が判別できてよかった」と思うようになりました。少しの間、ネ落ちしたのも良かったと思います。

とにかく、第九編もまだまだ(二次創作などで)楽しめそうですし、雑誌派としてはこれからも隔月でジェネシスを楽しめる…!ありがたくて、嬉しいですねv-290本当に、幸せですv-22
  1. 2012/12/07(金) 12:18:05
  2. URL
  3. ユーカリ(ちえまる) #jO6w95N2
  4. [ 編集 ]

[title]:

丁寧なお返事、ありがとうございました。

そうですね。
ユーカリさんも、清水先生の作品を愛しているからこそ、こういったお言葉が出るんですよね(^^)
こちらを訪問して記事を読む方々にも、そのお気持ちは通じると思います。

(ちなみに、雪子については私も「駄目」派の一人です。彼女も清水先生の描くキャラの一人なんだから、好きになれなくてもせめて理解したいと、彼女の行動に自分に納得のいく説明を付けようと長らく努力したつもりですが、どうしても理解出来ませんでした。これがもし「頑固」だと言われる物だとしても…仕方ないなあ…と思います^^;)

ただ、例えば、「第九編」を連載している頃、鈴薪を愛する方々の、「薪さんが幸せになるなら、今は亡き鈴木さんだって喜んでくれるって、頭では分かっていても、青薪が良い雰囲気になると素直に喜べない」「鈴木さんにはもう薪さんとこんな幸せな時間を作れないと思うと、悲しくて読めない」といった記事を、あちこちで見かけました。

そんな方々に、「でも今は青薪の関係を清水先生は描いているのだから、今の作品を読んで楽しみなさい」なんてとても言えないと思うんです。
私は基本は「あおまきすと」ですが、「すずまきすと」な部分もあるので、多少は気持ちが分かるつもりで、こういった記事を書く方々の心境を思うと、辛いだろうなあと、私自身は青薪の関係が進展すると単純に嬉しいけれど、それが辛くて読めない人も居るんだなあと、その方々の気持ちを思い、私も胸が痛みました。

今は、それと逆の状況だと思うんですね。

鈴薪を愛する方々が、長く辛い思いをしてきたように。
今度は、青薪を愛する方々が、寂しい思いをしている。

「第九編」の頃、「今の状況を見ているのは辛い」「もっと鈴木さんに出てきて欲しい」「過去編を描いて欲しい」と、すずまきすとさん達が願っていたことも。
今は、「もっと青薪が見たい」「第九メンバーを見たい」「新作を楽しむような気持ちにはなれない」と、あおまきすとさん達が想いを引きずることも。

どちらも、「秘密」を愛する、「秘密」のキャラクターを愛する気持ちから生まれる言葉であり、本人の辛い気持ちや寂しい想いを考えれば、他人が責められないんじゃないかと、個人的には思うんですね。

私は幸い「第九編」も「ジェネシス」もどちらも楽しめる立場にありますが。
「ジェネシス」を楽しみながら、「第九編」への熱い想いも、まだまだ語っていきたいと思っております。

最近、コミックで「秘密」を読んでハマったばかりという方とツイッターでお話しさせていただいているのですが、私が4年半前に「秘密」にハマった当時の気持ちを思い起こさせてくれて、本当に楽しいんです。
「ハマったばかりなのに終わっちゃって寂しい」「もっと青薪の未来が見たい」っておっしゃってる、その言葉は、ハマったばかりの情熱に溢れていて、微笑ましく思えます。

「第九編は辛かったけれどジェネシスは好き」「第九編が好きでジェネシスにはハマれない」どちらの方も、「秘密」が好きということには変わりはないわけで、私自身は、どちらも排除したくないなと思うんですね。

清水先生に届くお手紙の中に、「月の子のアートとジミーのその後が見たいです」とか、「ジャックとエレナシリーズを是非また描いて下さい」といったものが、未だにあったりしたら、清水先生は、そのリクエストに応えることは出来なくても、その読者の気持ち自体は嬉しく思ってくれるんじゃないかなと、勝手に思っております。

ともあれ、ユーカリさんの、「第九編で燃焼しきった人も、ジェネシスも食わず嫌いにならず是非楽しんで!」という想いは伝わると思います!

「ジェネシス」も、始まってまだたったの1回ですから。
これから段々と気持ちを切り替え、新作の面白さに魅かれる人もきっと増えていくと思いますし、そうなると良いですね(^^)
  1. 2012/12/09(日) 02:33:40
  2. URL
  3. かのん #amXlFcx2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/tb.php/136-9ebd6550
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# プロフィール

ちえまる

Author:ちえまる
(前はユーカリというHNでした。今はtwitter名に合わせてちえまるとしてますが、どちらで呼んでいただいても構いません)

●『秘密』の薪さんが好きで作ったブログです。非公式に個人で運営中。

●二次創作、イラスト、感想、レポート、雑記…等々。

リンクフリーです。
リンクは 
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/
にお願いします。

拍手コメントのお返事はコチラ 鍵拍手コメントのお返事は記事のコメント欄に。

●コメント欄は、非公開コメントを受け付けてません。公開コメントのみ。非公開の方は拍手鍵コメにてお願いいたします。

●こんな運営ですが、拍手やコメントありがとうございます!

●清水作品は『ミルキーウェイ』から。ジャック&エレナシリーズも好き♪
 

# 最新記事

# 月別アーカイブ

    MONTHLY

# 主張


# カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。