清水玲子先生が好きで作った非公式ブログです。 現在は『秘密-THE TOP SECRET-』を中心に。

# オールバックと泣きむしガンマン

# スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:No title

ご無沙汰しております!
まだ…ワタクシ、記憶にアリマスカ???

過去記事も拝見してはいたのですが、コメ残せなくてゴメンナサイ。
育児どうですか?? 煮詰まらない程度にラブ満開で(笑)

ほんっとにラブレターですね☆
第九の終わりで、青木さんとひとつに繋がった薪さんの
(…そこまでいってないですか?)
印象のまんまの私なので、あぁ、それでも鈴木さんなのね…とちょっぴり
寂しくも思いましたが、今回のめろでぇを読んだら、そーいうことにしか
ならないよ、って内容なのでしょう。それも薪さんの心の内なんですね。

…私、新シリーズ?を読むかとても迷っていて、今月号もまだ買っていないんです。
どーしよぅ…。

ユーカリさんは、読んでよかったと思われますか?


また近況報告などなどできたらと思っています!
今後ともよろしくお願いします。
  1. 2012/10/28(日) 17:16:10
  2. URL
  3. まゆ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:まゆさんへ

コメントありがとうごじゃいま♪
記憶にあるに決まってるじゃないですかぁ~いかがお過ごしですか!?!?お元気ですか?

コメはお気づかいなく~~~~私自身、読み逃げ大魔王なうえ、非公開コメを作ってないのですから…それでもこーやってコメント残してくださるだけでも感謝でとろけそうです~~~~
育児もラブも全開ですよe-415私、絶対不幸にならないんです不幸って捉え方をしないようにしたからっ!

ラブレター、読んでくださってありがとうございますv-410
青薪ハッピーエンド前提の方が読まれると、寂しくなっちゃいますかv-404ごめんなさい、でも「今月のメロディを読んだらこんな感じになる」ってワケでもないんですよ。

これは「鈴薪視点」で書いたから、こんなパターンもありっていうだけで、色んな解釈があると思います。薪さんは鈴木さんのことは昇華して、青木とラブラブ幸せになったんだぁ…って思い込んでる人には、それでいいと思いますし、こんなパターン(薪さんはずっと鈴木さんを想い続けた)があってもいいと思います。全部パラレル、全部正解、全部自由っすよv-411

新シリーズまだ読んでいらっしゃらないのですね!?
私は読んでよかったと思います。この後も楽しみです!

私は青薪を好きですが、青薪を好きであることと、青薪に執着することは全く別だと考えますし。
第一、「薪さんが自分の思い通りであるべきだ!なぜなら私が薪さんを大好きだからだ!」「鈴木さんと惹かれあうなんてイヤだ」なんておこがましくて思えませんv-408たぶん、マンガのキャラクターじゃなくてもう、一人の人間として尊重してるんです(危…)

と、とにかくv-402
青薪にこだわって(青木が出ないからって)新シリーズを読まないなんて、めちゃくちゃ勿体無いと思いますよ!
薪さんの過去に抵抗があったとしても、受け入れる度量を持つか持たないかだけですよ。そんな度量の狭さだけで、この面白い作品を味あわないなんて~~~~ほんともったいないと思います。
まぁもちろん、メロディ買ってまで読むかどうかは自由ですが、コミックス化してからでもぜひ、一読をお勧めします。萌えとか鈴薪とかじゃなくっても、純粋にストーリーとして面白いと思いますよv-352
ではでは~またv-222
  1. 2012/10/28(日) 23:42:09
  2. URL
  3. ユーカリ #/FuI5loQ
  4. [ 編集 ]

[title]:No title

こんにちは☆こちら、まだ読んでませんでした!う~ん、私は鈴薪も大好きなので感動しちゃうんですが青薪の方には複雑かもしれませんね。青木と家族になって幸せでも死んだら鈴木さんのもとへ行きたい。それは、鈴木さんを死なせた罪悪感もあるし、それを抜きにしても鈴木さんは初めて心を許せた人。自分を受け入れてくれて大学時代からずっと、側にいてくれた大切な人。何十年経っても忘れる事のできない人だと思います。薪さんの方が青木より先に逝くでしょうし、青木も天国で鈴木さんに会えるように送ってくれるんじゃないかな(^^)あの「性交相手を物色しに」というセリフにきゃー!でした。だって、薪さんは鈴木さんを選んだんですもの(〃▽〃)え、意味が違う!?
  1. 2012/10/30(火) 15:31:17
  2. URL
  3. あや #vRmW4kGc
  4. [ 編集 ]

[title]:あやさんへ

こんにちは~♪ラブレター、読んでくださってありがとうございましたv-421
う~ん、青薪の視点で見ると複雑になるのはわかってたんですが…いちお、青木と幸せになった原作から目をそらさずに書いてみました。そして鈴木を想う気持ち(これからの連載で盛り上がっていくでしょう)からも目をそらさずに書いてみたら、こんなん出ましたけど~~~v-402って感じです。
私は青薪も鈴薪も尊重するので、書いてて抵抗は無かったですねぇ。

というか、あんまり原作からブレられないんですよぉ。原作から想定できないほどラブラブにも出来ないし(青薪でも鈴薪でも)舞や青木母の存在も、雪子の存在も無視できないし。鈴木さんが死んじゃったって事実も無視できない。
その原作自体、青薪と鈴薪でもブレまくってるから…(いや、見方がブレてるだけだけど)

そして、そう!青木より薪さんの方が先に行くであろう事実も無視できないですね。青木は後を追うくらい薪さんを愛してるとしても、舞のために生きて欲しいし。

「性交相手を物色しに」はインパクト高かったですよね!腐目線じゃなくても、強烈なワードです。きっとずっと覚えてるでしょうね、お互いに。

  1. 2012/10/30(火) 20:03:15
  2. URL
  3. ユーカリ #/FuI5loQ
  4. [ 編集 ]

[title]:楽しませていただきました!

鈴薪の季節ですね~!年を取った薪さんからの鈴木へのラブレターですか。やはり 薪さんにとっては鈴木は絶対なんですね~…。鈴薪あっての青薪だから、最終的には鈴木さんなんですね~…。でも ラブレターの中に青木 舞という家族ができた報告があり、しんみりしました。この3人が家族になるのはベストですよね!早く原作がそうならないかと祈っています。


  1. 2016/07/23(土) 18:53:50
  2. URL
  3. カリン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: 楽しませていただきました!

> カリンさん!昔の創作にもコメントありがとうございます^^
鈴薪の夏…ですね(´;ω;`)ブワッ まぁ、今年は映画公開の話題にもってかれそうではありますが…;
鈴木さんへの想いは、薪さんを突き動かす原点でもあるような気がします。なので鈴木さんあっての、今の薪さん…だけど、未来の薪さんを支えるのは青木であって欲しいなぁ~と思いますね!

  1. 2016/07/26(火) 22:18:50
  2. URL
  3. ちえまる #1.EbxbXM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/tb.php/127-edf344b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# 【秘密二次創作】ラブレター

久しぶりの創作です。
これ、よくある「天国へのラブレター」系のあれです。80歳のおばあちゃんが書いた亡き恋人への手紙とかありますが…
あれを「鈴木さんと薪さん」で書いてみました。

薪さんから鈴木さんへのラブレター、です。
鈴薪視点ですが、あくまでも「こういうパターンもあり」という、パラレルの1つです。
青薪の人でも大丈夫かと思いますが、どうしても青薪じゃなきゃダメって方にはお勧めできません。

メロディ12月号のネタばれも含みます。
以上のことをご了承の方のみ、よかったらお付き合いください。小説…とはいえないほど、とても短いです。

※12月号を読んですぐ書いたので、後で加筆修正するかもしれません。
 




ラブレター



鈴木へ

僕は今日、定年を迎える。
鈴木が逝ってから、もう30年近くになるんだな。お前と一緒に過ごしたのは本当につかの間だったと思う。
東大のキャンパスで、第九の職場で、お前と深夜までぶつかり合った日々。あれがいかに幸福な時間であったか…胸を突き刺すような追憶の中でかみ締めている。今も。

初めて会った日のことを覚えているか?
お前はコンパの最中で、乗り込んで行った僕に説教をしたんだ。「性交相手を物色しに?」って!あれは衝撃だったな。あ、最初にそれを言ったのは僕か!?とにかく、ふたりとも若かったなぁ。
そう、僕らは若かった。
そして、僕よりもはるかに大きくたくましいお前に守られて、僕は初めて「安心する」という感覚を味わったんだ。

鈴木、お前が32歳で逝ってしまってから僕は…
ずっとお前に逢いたかった。今、どうしている?僕は今も逢いたい。出来ることなら、夢の中でもでいいから、お前に抱きしめて欲しいと思うんだ。またあの「安心する」という感覚を味わいたい。体温を感じたい。

でもきっと、もうすぐだ。
僕も60歳だから…というか、僕がそっちに行った時「誰だ!?」なんて言うなよ。「よく来たな」「待ってたぞ」って出迎えて、また僕を抱きしめるんだぞ。
お前が32歳のままだったら、多少違和感があるかな…でもそんなこと関係ないからな!
とにかく僕は、お前が逝ってからのことを沢山話したいんだ。本当に色々あったんだぞ。全部聞いてくれ。そして、よく頑張ったなって、言ってくれよな。

学生の頃言った通り、僕は子どもを残すつもりはなかったし結局結婚もしなかったんだ。
でも、家族は出来た。青木っていう、お前によく似た男が…って、嫉妬するなよ!?僕だって雪子さんに…いや、この話はいいか。彼女が絡んでくると未だに、どうしようもなく恥ずかしいんだ。
そうそう、雪子さんもちゃんと家庭を持って、3人も子どもを育てあげたんだぞ。彼女にも「よく頑張ったな」って言ってやらなきゃな。ただ…彼女はものすごく長生きすると思うぞ(ここだけの話だ)だってあの生命力は尊敬に値する。

とにかく、僕にも家族が出来たんだ。
そして娘も…血はつながってないんだが、青木の姪で舞という娘を授かったんだ。
この舞が、自分の娘のようでたまらなく愛おしい。僕の希望で、宝だ。舞が小さい頃はしょっちゅう、青木と僕と、その間に舞。3人で川の字になってそのまま眠ったりしたんだ。この僕が…!信じられないだろう?ずっと憧れ続けた「家族」を持つことが出来たんだ。

舞の結婚式で、青木なんか号泣するから僕はそれをなだめるのに必死だったんだけど、実は僕も泣きたくて仕方なかった。
青木、舞、そして舞の子ども…僕の家族。守るべきものは次々と出来た。詳しくはそっちで話すから。
全部、全部聞いてくれ。そして「よく頑張った」って、褒めてくれ。僕は鈴木に褒めてもらうために、生きてきたんだから。

そう、僕は鈴木が逝ってからずっと、お前を想わない日は無かった。ずっとずっとお前を想い続け、その想いを支えにして生きてきた。
また鈴木の腕に抱かれて、安心して眠りたい。
もうすぐ行くから。また僕を抱きしめて、今度こそ絶対に離さないでくれ。


コメント

[title]:No title

ご無沙汰しております!
まだ…ワタクシ、記憶にアリマスカ???

過去記事も拝見してはいたのですが、コメ残せなくてゴメンナサイ。
育児どうですか?? 煮詰まらない程度にラブ満開で(笑)

ほんっとにラブレターですね☆
第九の終わりで、青木さんとひとつに繋がった薪さんの
(…そこまでいってないですか?)
印象のまんまの私なので、あぁ、それでも鈴木さんなのね…とちょっぴり
寂しくも思いましたが、今回のめろでぇを読んだら、そーいうことにしか
ならないよ、って内容なのでしょう。それも薪さんの心の内なんですね。

…私、新シリーズ?を読むかとても迷っていて、今月号もまだ買っていないんです。
どーしよぅ…。

ユーカリさんは、読んでよかったと思われますか?


また近況報告などなどできたらと思っています!
今後ともよろしくお願いします。
  1. 2012/10/28(日) 17:16:10
  2. URL
  3. まゆ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:まゆさんへ

コメントありがとうごじゃいま♪
記憶にあるに決まってるじゃないですかぁ~いかがお過ごしですか!?!?お元気ですか?

コメはお気づかいなく~~~~私自身、読み逃げ大魔王なうえ、非公開コメを作ってないのですから…それでもこーやってコメント残してくださるだけでも感謝でとろけそうです~~~~
育児もラブも全開ですよe-415私、絶対不幸にならないんです不幸って捉え方をしないようにしたからっ!

ラブレター、読んでくださってありがとうございますv-410
青薪ハッピーエンド前提の方が読まれると、寂しくなっちゃいますかv-404ごめんなさい、でも「今月のメロディを読んだらこんな感じになる」ってワケでもないんですよ。

これは「鈴薪視点」で書いたから、こんなパターンもありっていうだけで、色んな解釈があると思います。薪さんは鈴木さんのことは昇華して、青木とラブラブ幸せになったんだぁ…って思い込んでる人には、それでいいと思いますし、こんなパターン(薪さんはずっと鈴木さんを想い続けた)があってもいいと思います。全部パラレル、全部正解、全部自由っすよv-411

新シリーズまだ読んでいらっしゃらないのですね!?
私は読んでよかったと思います。この後も楽しみです!

私は青薪を好きですが、青薪を好きであることと、青薪に執着することは全く別だと考えますし。
第一、「薪さんが自分の思い通りであるべきだ!なぜなら私が薪さんを大好きだからだ!」「鈴木さんと惹かれあうなんてイヤだ」なんておこがましくて思えませんv-408たぶん、マンガのキャラクターじゃなくてもう、一人の人間として尊重してるんです(危…)

と、とにかくv-402
青薪にこだわって(青木が出ないからって)新シリーズを読まないなんて、めちゃくちゃ勿体無いと思いますよ!
薪さんの過去に抵抗があったとしても、受け入れる度量を持つか持たないかだけですよ。そんな度量の狭さだけで、この面白い作品を味あわないなんて~~~~ほんともったいないと思います。
まぁもちろん、メロディ買ってまで読むかどうかは自由ですが、コミックス化してからでもぜひ、一読をお勧めします。萌えとか鈴薪とかじゃなくっても、純粋にストーリーとして面白いと思いますよv-352
ではでは~またv-222
  1. 2012/10/28(日) 23:42:09
  2. URL
  3. ユーカリ #/FuI5loQ
  4. [ 編集 ]

[title]:No title

こんにちは☆こちら、まだ読んでませんでした!う~ん、私は鈴薪も大好きなので感動しちゃうんですが青薪の方には複雑かもしれませんね。青木と家族になって幸せでも死んだら鈴木さんのもとへ行きたい。それは、鈴木さんを死なせた罪悪感もあるし、それを抜きにしても鈴木さんは初めて心を許せた人。自分を受け入れてくれて大学時代からずっと、側にいてくれた大切な人。何十年経っても忘れる事のできない人だと思います。薪さんの方が青木より先に逝くでしょうし、青木も天国で鈴木さんに会えるように送ってくれるんじゃないかな(^^)あの「性交相手を物色しに」というセリフにきゃー!でした。だって、薪さんは鈴木さんを選んだんですもの(〃▽〃)え、意味が違う!?
  1. 2012/10/30(火) 15:31:17
  2. URL
  3. あや #vRmW4kGc
  4. [ 編集 ]

[title]:あやさんへ

こんにちは~♪ラブレター、読んでくださってありがとうございましたv-421
う~ん、青薪の視点で見ると複雑になるのはわかってたんですが…いちお、青木と幸せになった原作から目をそらさずに書いてみました。そして鈴木を想う気持ち(これからの連載で盛り上がっていくでしょう)からも目をそらさずに書いてみたら、こんなん出ましたけど~~~v-402って感じです。
私は青薪も鈴薪も尊重するので、書いてて抵抗は無かったですねぇ。

というか、あんまり原作からブレられないんですよぉ。原作から想定できないほどラブラブにも出来ないし(青薪でも鈴薪でも)舞や青木母の存在も、雪子の存在も無視できないし。鈴木さんが死んじゃったって事実も無視できない。
その原作自体、青薪と鈴薪でもブレまくってるから…(いや、見方がブレてるだけだけど)

そして、そう!青木より薪さんの方が先に行くであろう事実も無視できないですね。青木は後を追うくらい薪さんを愛してるとしても、舞のために生きて欲しいし。

「性交相手を物色しに」はインパクト高かったですよね!腐目線じゃなくても、強烈なワードです。きっとずっと覚えてるでしょうね、お互いに。

  1. 2012/10/30(火) 20:03:15
  2. URL
  3. ユーカリ #/FuI5loQ
  4. [ 編集 ]

[title]:楽しませていただきました!

鈴薪の季節ですね~!年を取った薪さんからの鈴木へのラブレターですか。やはり 薪さんにとっては鈴木は絶対なんですね~…。鈴薪あっての青薪だから、最終的には鈴木さんなんですね~…。でも ラブレターの中に青木 舞という家族ができた報告があり、しんみりしました。この3人が家族になるのはベストですよね!早く原作がそうならないかと祈っています。


  1. 2016/07/23(土) 18:53:50
  2. URL
  3. カリン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: 楽しませていただきました!

> カリンさん!昔の創作にもコメントありがとうございます^^
鈴薪の夏…ですね(´;ω;`)ブワッ まぁ、今年は映画公開の話題にもってかれそうではありますが…;
鈴木さんへの想いは、薪さんを突き動かす原点でもあるような気がします。なので鈴木さんあっての、今の薪さん…だけど、未来の薪さんを支えるのは青木であって欲しいなぁ~と思いますね!

  1. 2016/07/26(火) 22:18:50
  2. URL
  3. ちえまる #1.EbxbXM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/tb.php/127-edf344b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# プロフィール

ちえまる

Author:ちえまる
(前はユーカリというHNでした。今はtwitter名に合わせてちえまるとしてますが、どちらで呼んでいただいても構いません)

●『秘密』の薪さんが好きで作ったブログです。非公式に個人で運営中。

●二次創作、イラスト、感想、レポート、雑記…等々。

リンクフリーです。
リンクは 
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/
にお願いします。

拍手コメントのお返事はコチラ 鍵拍手コメントのお返事は記事のコメント欄に。

●コメント欄は、非公開コメントを受け付けてません。公開コメントのみ。非公開の方は拍手鍵コメにてお願いいたします。

●こんな運営ですが、拍手やコメントありがとうございます!

●清水作品は『ミルキーウェイ』から。ジャック&エレナシリーズも好き♪
 

# 最新記事

# 月別アーカイブ

    MONTHLY

# 主張


# カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。