清水玲子先生が好きで作った非公式ブログです。 現在は『秘密-THE TOP SECRET-』を中心に。

# オールバックと泣きむしガンマン

# スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:もう、来週ですね!

こんにちは☆エピローグも時間が経つともう描けないと仰っていたので湧き上がってきたらすぐ描きたいのでしょうね。編集部も休まれると困るのかもだし(^^;)スピンオフ後は少し充電されるのかな・・
私も7巻が一番ハラハラドキドキしましたね。二人の少女を救うタイムリミットがありましたから。あおまき的にも一番浮き沈みが激しかった(;;)ENDGAMEはコミックスで読むとまた感慨深いと思います。
純粋担当・・成程!青木は少年のような純粋さがありましたものね(^^)女が薪さんに絡むのは今一ですが(><)薪さんが純粋担当ということはないかな?貝沼事件が起きる前はもっと明るい性格だったとか・・でも、滝沢が愛想笑いと言ってたしなあ。鈴木さんにしか心を開けないワガママ仔猫ちゃんとかカワイイけど(〃▽〃)面白い考察でした!
  1. 2012/10/19(金) 15:14:02
  2. URL
  3. あや #vRmW4kGc
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: もう、来週ですね!

あやさんコメントあざ~っすv-10

ホント、速攻の再開でしたよね・・・しかも付録絵も描かれてたわけですし。取材とかする暇あったのかなぁ。
でも年齢的に、「あとどれくらいの間、創作できるのだろう」とか考える時期でもあるような・・・気がします(また失礼なこと書いてるけど)
私ですら、自分の年齢であとどれくらいのコトが出来るのかって思うときありますもん。休んでる暇あったらもっと・・・もっと遊びたいなぁ~(!?)なんてv-408
焦りとかじゃないんだけど、もっとこう・・生き生きしたいというか。ほんと、貪欲なんですね~私って。でも清水先生も貪欲に生きてらっしゃると思うのです。

あやさんも7巻好きですかっ!うれしいです(同志っ!) 事件も、人間関係も、あれ極まってましたもんねぇ。長さもちょうどよかったっていうか・・・あの張り詰めた緊張感って「耐えられる長さ」ってあると思うんですよv-388「END GAME」はその・・・長すぎたv-393
しかし・・・そうですね、END GAMEもコミックスで読めば、もっと違った印象になるかも。

青木はもうもう、キラッキラv-352してる純粋さだったと思います!薪さんはそんな純粋な青木に憧れ、守りたいと思った。
なので、ジミーと同系にするのは申し訳ないのですが、属性としては同じカテゴリにしちゃってます。あくまで私個人の見方なので「青木はジミーとは違う!」って考えもあると思います。

今度は薪さんが純粋担当・・・それは考えたことありませんでしたv-405
主人公はあくまで、純粋担当に「振り回される」か、もしくは純粋担当を守れなくて凹むか・・・そんな感じだったと思うんです。
でも、そうですね、結局、ジミーだって主人公だったわけですし。あ、青木だって主人公でしたね。だから薪さんが純粋担当であってもおかしくないか。それに、貝沼事件より前の薪さんだったら、純粋でキラッキラしてそうですもんねv-353

鈴木さんにしかなつかないワガママ仔猫ちゃん・・・だと!?トゥクン・・・v-345(ハートのトキメキ音)
刑事モノにありがちな「あだ名呼び」だったらいいと思います(・∀・)「すっぽんの留」とか「仏の仁さん」とか呼ばれる中で「ワガママ仔猫の薪」なんて・・・キャ━(゚∀゚)━ッ!!
アホですみませんでしたっv-421
  1. 2012/10/20(土) 01:11:28
  2. URL
  3. ユーカリ #/FuI5loQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/tb.php/123-226cb26b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# 新連載についてイロイロ&お知らせなどなど

もうすぐ「秘密 the genesis」が始まりますねっ

※この記事は長い上に、文章ばっかですごめんなさい
 



今月末にはまた薪さんに逢える・・・!と思うとソワソワですっ

■新連載を歓迎しましょう!

第九編が終わったのは本当に寂しいけれど・・・ 
やはり新連載に対してもっと歓迎してもいいと思うんですよ!(いや、誰も歓迎してないなんて思ってないですけど)

私、読書会のレポートにも書きましたが

あの読書会の時点で清水先生・・・(過去編を)描く気満々だな・・・って思ったんですよ私の印象ですけど。「秘密」が続くのであれば過去編は確実だと思いました(こんなに早く描かれるとは思いませんでしたが・・・)

もう、あの時点である程度のプロットくらい出来てたんじゃないかってくらい(あくまでも私個人の見解ですけど)描く気が溢れてました。というより、描くつもり、前提で語られてる印象でした。



マンガに限ったことではないですが 
やはりイイ作品っていうのは、前のめりで出てくるじゃないですか。

クリエーターが「これが終わったから次はこれを描こう」って順番に、計画的に出来上がるものじゃなくって・・・
「次はこれを描きたいな」「今度はこーゆーの描きたい」ってどんどん、前のめりで出てくるものじゃないですか。
「次は何描こうかなぁ~」って捻り出すものでもなく。湧き上がってくる感じというか。

もちろん、第九編をきちんと終わらせることに集中してらしたと思うのですが、次の胎動もあったというか。


前のめりで出てくる作品なんて超~ステキだと思うんですよ



まぁ・・・少しは休まれてもいいんじゃないかなぁ~なんて、ファンとしては心配もしますが。

結局、モノ創る人って、創ってる時が生きてる時なんですよね。
休むより、創ってる時が生きがいを感じるという。

身を焼くような生みの苦しみってあると思うんですけど・・・
結局その仕事を選んでることを敬いたいと思います。マンガ家さんに限らずですが。


それに、国家的な賞を受賞されたのに「守りに入る気さらさら無し!」って感じがカッコイイじゃないですか(゜∀゜)次の受賞も狙いますくらいの。
まだまだメロディの主軸を、「大奥」だけに許しませんぜ!って感じがね。「そこをなんとか」もキテルことですしね(本仮屋パワーはんぱねぇ!)




ちなみに私、「秘密(第九編)」を改めて読み返してみると
やっぱり一番面白かったのって7巻だと思うんですよ。7巻に触発されて、ブログはじめたくらいですから・・・

もちろん「END GAME」も面白かったんですが
個人的には7巻千堂咲事件が圧巻でした。「7巻がいちばん好き」って方は多いと思います。

そしてそして・・・

これこそ超~個人的な、全く根拠の無い予想ですが

清水先生もそれを自覚されてるんじゃないかって思いました。
うおお、失礼極まりないですよね
でもだって・・・だって・・・
先生は、ご自分のことを驚くほど冷静に客観視される方でした。私たちが「え・・」って思うような内容はほとんど、ネットで影口を叩かれるまでもなく、ご本人が自覚されてると思います。
そう、私らが思う程度のことは、とっくに解ってらっしゃるのですよ。言われるまでもなく。
そして私らがツッコむ以上のレベルを、自分に課してらっしゃるのでしょう。きっと、ですけど。

なので、「END GAME」7巻の話を超えてないと自覚されてるかも知れなくて・・・それもあって、大幅に描き足されるのかも・・・とか思いません!?(私だけだったらすみません)

とにかく、7巻がピークだった、っていう後悔の念が少しでもあるなら・・・
だから新連載では、7巻も超えてくると思うんですよ。事件がすごく練られてる気がします。


生意気な見解ばっかでごめんなさい 
とにかく新連載に期待してるってコトなんですよ。この青薪の私でも!



■新連載の登場人物予想

鈴木・雪子・・・の他には誰が登場するのでしょう。
時系列的には滝沢も出てきておかしくないのですが・・・

もちろん「滝沢蘇生実行委員会」としては(笑)
彼の蘇生は願ってやまないところです。

しかし、滝沢が出てくると空気が一気に「END GAME」に戻ってしまい、変な感じになっちゃうので
たぶん滝沢は出てこないと思います。


そして新キャラは沢山、出てくるでしょう。これも楽しみです♪


私が思うに、
ショートカットで純粋無垢な少年(か少女)が出てくると思います。そろそろ。

まさにジミーかモニークのような・・・「秘密」で言えば平井少年か瑛くんのようなビジュアルの・・・

いや、ビジュアルまでは限定できませんが、ああいった「純粋無垢」な少年(少女?)がメインで出てくるような気がするんですよ。清水作品としてはそろそろ・・・

そもそも清水作品には 純粋で 無垢で まっすぐな存在が核として良く出てきます。

上記のジミー、モニークはもちろん、カナエ、花七(娘のほう)、ナザレ王子・・・

そして彼らのような役割を、秘密では青木がになっていた(純粋担当だった)と思います。

彼ら「純粋担当」は(笑)

「純粋」「無垢」「まっすぐ(一途)」といえば聞こえはいいのですが

見方を変えれば「天然」「無知」「無神経」そして「頑固」であったりして
読者をイラつかせることもしばしばでした。ジミーや青木がそういった意味でバッシングが多かったのも理解できます。
「一途」って、見方を変えれば「頑固」とか「わがまま」ですもんね・・・)


しかしそもそも、清水作品の転機となった『100万ポンドの愛』から 純粋担当はあったと思います。
あの「シルビアばあさん」が、純粋担当の原点だったように感じています。

シルビアばあさんは、純粋で、自己犠牲的なほどに一途でした。うおお、青木そのもの!

そして純粋担当は、物語の真ん中にポヨンといて、周りがそれを守ろうとワチャワチャしてる・・・振り回される・・・

って印象あったんですが、最近はそうでもなくて。例えば青木のように 純粋担当で大事に守られていたのに、メチャメチャ傷ついて、たくましく成長して・・・ってなったりもしています。



青木のいない「秘密 the genesis」では・・・

まさか鈴木が純粋担当とは考えにくいので、やはり純粋担当の新キャラが出てくると思ったわけです。

そして純粋担当の多くは・・・
性別があまり関係しません(笑)

女性、男性がはっきりする以前の子どもであったり、逆にばあさんであったりしたわけですが
だから純粋担当を相手に恋愛感情を持つと、なんか変な感じになっちゃってました。

青木は純粋担当にしては大人でしたし(笑)
男性性もはっきりしてました。どっからどう見ても「男!」でした。
しかし恋愛感情に関してニブイところは、「ああ、やっぱりこいつは純粋担当だな」って思わせるものがありました。



今度の純粋担当は・・・
薪さんが白い髪なので黒髪だと思います。少年少女かどうかは、う~ん、やっぱり解りませんが、恋愛感情を持ちにくい感じではあると思います。

(ココまで書いて、「碧」のようなキャラを思い出し、薪さんと碧じゃ「女の子同士じゃん!(ユリっぽい!?)」と思ってしまいました・・・)




■純粋担当の他には

ウェーブのかかった長い髪の女性が出てくると思います

ルイスかまゆですね♪
秘密で言えばスガちゃんか、郁子(美人バージョン)です。

いちお、ヒロインとしては雪子が控えてるんですが、ロングヘアのカヨワイ女性も出てくると思います。
先生ご自身も、郁子(美人バージョン)を描いてて楽しかったとおっしゃってましたし。

もしかしたら、そのロングヘアが純粋担当かも・・・!?
(それって、ベンジャミンじゃないかー)

いやー・・・
それよりは、清水先生の描かれるロングヘアー女子は

「錦鯉」のような存在であって欲しい・・・かも。

見た目が華やかなだけで十分ですよ・・・的な。うおお~また失礼なこと書いちゃった

いや、だって、ヒロイン担当は薪さんですものっ!





いろいろ好き勝手のべてまいりましたが

全く全部ハズしてたらごめんなさい(テヘぺろ!)





■お知らせ

こっちのHNは「ユーカリ」ですが、Twitterでは「ちえまる」と名乗っています。
秘密用のアカウントを辞めちゃったんで、本体のアカウントなんですね。プライベート用の。
本名がちえなんで。
なんで「ちえ」が「紫→ユカリ→ユーカリ」になったのかっていうのは、長くなるし面白くも無いので割愛しますが

けっこうTwitterでも「秘密」話することがあるので、このブログのプロフィール欄に「ユーカリ(ちえまる)」としました。別に隠してもいないんで。
どっちで呼んでもらっても構いません。フォローもよかったら、ご自由にどうぞ~(「秘密」以外のつぶやきが多いですが)

pixivも、見るの専門ですけど「ちえまる」で一応入ってます。勝手にいろいろブクマさせて頂き、申し訳ございません!
秘密絵なんか見つけ次第、ノータイムでふぁぼっちゃいますから!自分でイロイロ描きだしたら、もっと交流お願いするかもしれません。

Facebookは家族とかリア友でやってます。でも公開してますし、名乗っていただければ拒否しません。


どれも別に隠してないし、公開してますんで
見つけちゃった方は報告なしで繋がってくださって構いません~でも「秘密」以外の話が多くてツマンナイと思いますけど・・・(^ω^;)その時はその時で「やっぱヤーメた」って外してもらっても、別に怒ったりしませんので。私、SNSはそんなもんだと考えていて、あんまりそんな、執着してない(いい意味で)と思います。
 



ではでは!
こんなトコロまでごらん下さってありがとうございました~!




それから・・・

昔の創作「@Maki_Tsuyoshi」から「おいしい生活」まで・・・拍手ありがとうございます。あなたが下さった拍手が、あなたに還ってゆきますように(^ω^)

コメント

[title]:もう、来週ですね!

こんにちは☆エピローグも時間が経つともう描けないと仰っていたので湧き上がってきたらすぐ描きたいのでしょうね。編集部も休まれると困るのかもだし(^^;)スピンオフ後は少し充電されるのかな・・
私も7巻が一番ハラハラドキドキしましたね。二人の少女を救うタイムリミットがありましたから。あおまき的にも一番浮き沈みが激しかった(;;)ENDGAMEはコミックスで読むとまた感慨深いと思います。
純粋担当・・成程!青木は少年のような純粋さがありましたものね(^^)女が薪さんに絡むのは今一ですが(><)薪さんが純粋担当ということはないかな?貝沼事件が起きる前はもっと明るい性格だったとか・・でも、滝沢が愛想笑いと言ってたしなあ。鈴木さんにしか心を開けないワガママ仔猫ちゃんとかカワイイけど(〃▽〃)面白い考察でした!
  1. 2012/10/19(金) 15:14:02
  2. URL
  3. あや #vRmW4kGc
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: もう、来週ですね!

あやさんコメントあざ~っすv-10

ホント、速攻の再開でしたよね・・・しかも付録絵も描かれてたわけですし。取材とかする暇あったのかなぁ。
でも年齢的に、「あとどれくらいの間、創作できるのだろう」とか考える時期でもあるような・・・気がします(また失礼なこと書いてるけど)
私ですら、自分の年齢であとどれくらいのコトが出来るのかって思うときありますもん。休んでる暇あったらもっと・・・もっと遊びたいなぁ~(!?)なんてv-408
焦りとかじゃないんだけど、もっとこう・・生き生きしたいというか。ほんと、貪欲なんですね~私って。でも清水先生も貪欲に生きてらっしゃると思うのです。

あやさんも7巻好きですかっ!うれしいです(同志っ!) 事件も、人間関係も、あれ極まってましたもんねぇ。長さもちょうどよかったっていうか・・・あの張り詰めた緊張感って「耐えられる長さ」ってあると思うんですよv-388「END GAME」はその・・・長すぎたv-393
しかし・・・そうですね、END GAMEもコミックスで読めば、もっと違った印象になるかも。

青木はもうもう、キラッキラv-352してる純粋さだったと思います!薪さんはそんな純粋な青木に憧れ、守りたいと思った。
なので、ジミーと同系にするのは申し訳ないのですが、属性としては同じカテゴリにしちゃってます。あくまで私個人の見方なので「青木はジミーとは違う!」って考えもあると思います。

今度は薪さんが純粋担当・・・それは考えたことありませんでしたv-405
主人公はあくまで、純粋担当に「振り回される」か、もしくは純粋担当を守れなくて凹むか・・・そんな感じだったと思うんです。
でも、そうですね、結局、ジミーだって主人公だったわけですし。あ、青木だって主人公でしたね。だから薪さんが純粋担当であってもおかしくないか。それに、貝沼事件より前の薪さんだったら、純粋でキラッキラしてそうですもんねv-353

鈴木さんにしかなつかないワガママ仔猫ちゃん・・・だと!?トゥクン・・・v-345(ハートのトキメキ音)
刑事モノにありがちな「あだ名呼び」だったらいいと思います(・∀・)「すっぽんの留」とか「仏の仁さん」とか呼ばれる中で「ワガママ仔猫の薪」なんて・・・キャ━(゚∀゚)━ッ!!
アホですみませんでしたっv-421
  1. 2012/10/20(土) 01:11:28
  2. URL
  3. ユーカリ #/FuI5loQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/tb.php/123-226cb26b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# プロフィール

ちえまる

Author:ちえまる
(前はユーカリというHNでした。今はtwitter名に合わせてちえまるとしてますが、どちらで呼んでいただいても構いません)

●『秘密』の薪さんが好きで作ったブログです。非公式に個人で運営中。

●二次創作、イラスト、感想、レポート、雑記…等々。

リンクフリーです。
リンクは 
http://nakimushigunman.blog.fc2.com/
にお願いします。

拍手コメントのお返事はコチラ 鍵拍手コメントのお返事は記事のコメント欄に。

●コメント欄は、非公開コメントを受け付けてません。公開コメントのみ。非公開の方は拍手鍵コメにてお願いいたします。

●こんな運営ですが、拍手やコメントありがとうございます!

●清水作品は『ミルキーウェイ』から。ジャック&エレナシリーズも好き♪
 

# 最新記事

# 月別アーカイブ

    MONTHLY

# 主張


# カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。